ZIG ZAG LOVE~Acrobatic~Boogie Woogie Babyまでの歌詞における言語表現

 

2018.4.10(火) 20:00

SnowManの新曲、SnowDreamがYouTubeにて公開されました。

 

Snow Man「Snow Dream」(「ジャニーズJr.祭り 2018」単独LIVE in 横浜アリーナ) - YouTube

 

これで公式に(?)歌詞がはっきりしたから、歌詞の意味とか考えていきたいなぁ、って思った。思ったけど、就活生って割と暇じゃなかった(笑)でも、そういや去年、大学の授業にSnowManのオリジナル曲の歌詞の言語表現についてのレポート、本当に提出したなぁ…って思って、さっそく引っ張り出してきました(笑)後々見ると、内容がすごいはてブロっぽい。よくこれで単位取れたな……。別に、言語文化を専門に学んでいる訳でも無いし、ただ単位のために書いた、って感じなのでかなり偏った考えと主観から成り立っているのですが。就活が終わったら、すのどりもこんな感じで書きたいなぁって思ってるから載せちゃう(笑)(はてブロ用?に文末を変えたり、短くしたりしています)

 

 

 

現代の言語表現の中には様々な表現があります。その中でもまず始めに、比喩に着目していきます。比喩には様々な種類がありますが、直喩(simile)、隠喩(metaphor)、換喩(metonymy)、提喩(synecdoche)などが挙げられます。

 

直喩は、物の様子を表現する語法で、「~のようだ」という風に、比喩表現であることを明示するものです。「雪のように白い」、「大理石のように冷たい」というように使われます。

 

隠喩は、ある物事を類似する別の物事を表すために流用する表現法で、直喩とは反対に、比喩表現であることを明示しないものをいいます。「彼は鋼の肉体を持つ」、「彼女は職場の花だ」というように使われます。

 

換喩は、物事の隣接性に基づく比喩で、対象に近いものを使って、省略して言い表す表現です。「白バイが追ってくる」という文章は、白バイのみが追ってくる訳ではなく、白バイに乗った警察官が追ってくる、という意味を伝えようとしている換喩です。

 

提喩は、意味世界における包括関係(類と種の関係)に基づく比喩で、「全体を部分で表す」、「部分を全体で表す」という表現となります。「明日は花見に行く」という文章は「花」という全体で「桜」の部分を表しています。また、「小町」という部分で「美人」という全体を表すこともあります。

 

 

比喩以外にも日本語には、様々な表現方法が存在します。擬人法、誇張法、列挙法、漸層法、対照法、緩叙法、などが例として挙げられます。

 

擬人法は、人間を主語として取る動詞や形容詞が、人間以外のものと結びつく語法です。「鳥が歌う」といった表現は、擬人法となります。実際に鳥が歌詞を歌うようなことはありませんが、鳥が生き生きと鳴いている様子を表すために使われる表現方法です。

 

誇張法は、事物を過度に大きく、または小さく形容する表現方法をいいます。「鬼のような形相でにらむ」などは誇張法といえます。

 

列挙法は同種の言葉を羅列する表現です。

 

漸層法は、異種の言葉において段階をおって並べる表現で、語句を重ねて用いることで徐々に意味を強めていき、感動を高める表現です。

 

対照法は、相反する事物や対立する事物を対照させて、両者の対照的な状態を一層はっきりさせ、強調する表現です。

 

緩叙法は、直接的な主張をせずに、その逆の意味のことを否定する方法で、主張を控えめにする目的で用いることもあれば、強調する目的で用いることもある表現です。

 

また、上に挙げた表現方法をまとめて、修辞法といいます。文章に豊かな表現を与えるために言葉を工夫する方法です。

 

 

 これらの言語表現を踏まえながら、私が好きなアーティストが歌う曲の歌詞について考えていきます。ジャニーズJr.のSnowManというグループの曲で、オリジナル曲が全部で3曲あるため(※2017年の歌舞伎終わり時点で)、その曲の歌詞について考察していきます。

 

(本題までが長い…。笑)

 

 

 1曲目はZIG ZAG LOVEという曲です。まず、始めに歌詞を見ていきます。

 

Kiss & Cry 涙も唇で拭おう

その笑顔が Ah Ah 輝くその日まで

 

そう Tell me Baby girl 諸行無行な世界

キミは何を探すの?

教えてあげよう ボクの秘密の暗号

内緒だよ キスで塞ごう

 

走り出すにはまだ足りないスピードが

ボクの心を燃やして

誰だって強くはない けど弱い訳じゃないんだ

さぁ立ち向かおう

 

彷徨う ZIG ZAG,ZIG ZAG LOVE

キミとほら ZIG ZAG,ZIG ZAG LOVE

遠回りしても見つけよう宝物

 

Kiss & Cry 涙も唇で拭おう

その笑顔が Ah Ah 輝く Ah Ah

その日を捜すんだ

 

2人のLove & Soul

夢が溢れる世界へと連れてく

きっと ボクらがいつも

今 近くにいるよ 抱きしめて

 

ZIG ZAG ZIG ZAG LOVE

ZIG ZAG ZIG ZAG LOVE

 

最初の“Kiss&Cry”は対照法が利用されていると感じました。キスと涙と、全くの別のものを利用することで、インパクトを付けているのではないか、と考えます(すみません、ただの主観です)。そしてKissとCryは次の、涙、唇にも繋がっているとみられます。また、フィギュアスケートキスアンドクライにもかかっているのではないかとも考えました。キスアンドクライとはフィギュアスケートの大会で、演技を終えた選手とコーチが採点の発表を待つための場所です。採点の結果を目にして抱き合って喜んだり、失意の涙を流すことからとも言われています。(三省堂 大辞林参考)

 

“教えてあげよう ボクの秘密の暗号”という部分は倒置法を使い、秘密の暗号というフレーズを際立たせようとする意図があると考えられます。実際に、この歌詞の部分の振り付けでは、指でアルファベットを表現し、暗号のようなものを伝えようとする動きが付けられています。

 

“走り出すにはまだ足りないスピードがボクの心を燃やして”の部分は、隠喩と誇張法が使われていると感じます。スピードには物を燃やす効果はありません。また、実際に心が炎をあげて燃えることもありません。そのため、スピードが心を燃やす、ということは実際の現象としては有り得ない、ということになります。隠喩と誇張法を使うことで、心が燃え上がるほど鼓舞している状態を表現しているのではないか、と考えられます。その鼓舞した状態の心が、次の歌詞の“誰だって強くはない けど弱い訳じゃないんだ さぁ立ち向かおう”に上手く繋がっています。前向きな様子がよく伝わってくる表現です。

 

 “遠回りしても見つけよう宝物”という部分にもまた、倒置法と隠喩が使われています。宝物、を強調させるためにまず、倒置法が使われています。そして“宝物”と歌詞にはありますが、本当に宝物を探しに行く訳ではありません。歌詞を2人の恋愛の曲と捉えるか、ファンとアイドルとの関係性の曲と捉えるかで、宝物の捉え方も変わってくると感じますが、純粋に2人の愛を表しているのか、それとも彼らのデビューを宝物と表現しているのか、といった可能性が考えられます。隠喩には、言葉に多くの意味の可能性を持たせるような効果があるのではないでしょうか。

 

 最後の方には“Love & Soul”という歌詞がありますが、これは途中で何度か出てきた“Kiss & Cry”と対照となっています。ここでも対照法が使われています。

 

 

続いて、Acrobaticという曲について考察していきます。まずは先程と同様に、歌詞を見ていきます。

 

Let's Go

 

Acrobatic Love そうさキミと Far and high

釘付けにした Shine (Hop step jump)

誰も知らない 恋の魔法を今夜

見せてあげようか just follow me

 

Don't give up そうさ

迷わずにBelieve me Baby

キミがほら 望むのなら

夜空さえ Don't worry Yes,We can fly

 

※Baby Do it Do it 恋はアクロバティック

飛び込まなけりゃ そうさ 始まらない

Spining Dancing through the night.

さあ この手を So Baby 放さないで

どこまでも Ah

making making love yeah  making making love yeah

飛び出そう Tonight

Love Last Night

 

見つめ合うたび My heart

So, I can feel it 鼓動が高鳴る

キミが信じるのなら

大空さえ 越えて行けるよ

Just you jump!

 

※繰り返し

 

 

“Acrobatic Love”や“恋はアクロバティック”は、隠喩であると感じました。恋=アクロバティックということを伝えたい訳ではありません。アクロバティックとは、曲芸のようであるさま、軽業的、という意味です。このようなアクロバティックの意味から、まるで、軽く飛び跳ねるような、わくわくするような恋、を表現するために利用されている単語であると考えます。

 

“誰も知らない 恋の魔法を今夜 見せてあげようか”の歌詞の部分は修辞的疑問が使われているのではないでしょうか。歌詞の続きがjust follow me(ただ私についてきてください)となっています。この前後の文の関係を考えると、疑問文に見えながら、既に答えは誘う側の中では決まっている、という修辞的疑問といえるのではないかと考えられます。見せてあげようか、という疑問であるように見えるが、ただ私についてきてください、と続くため、誘われている相手には、ついていくかいかないかを選ぶ余地がないように感じます。

 

“キミが信じるのなら 大空さえ 越えて行けるよ”の部分は誇張法が使われています。キミの信じる気持ちが、大空さえ越えていけるほどのパワーになる、ということを伝えようとしていると考えられます。この曲もまた、先程の1曲目と同様に、恋人関係の曲と捉えることもできます。また、ファンとアイドルの関係の曲であるとも捉えることもできます。

 

 

 最後に、Boogie Woogie Babyという曲について考えていきます。始めに歌詞を見ていきます。(長いね…めちゃくちゃ長い。でもこれで終わりです…!)

 

Yeah… C’mon, Let’s go

Oh… Just bring it on

 

Now everybody, Boogie Woogie, Here we go

世界を染める Falling snow

全て真っ白に Paint it up, Paint it up

今すぐ 飛び立てるのさ Like a butterfly

(Here we go, We can fly away)

 

心配なんてないよ Don’t you worry now

恐れない Cuz we can fight it out, fight it out

この街角で 君と見てた夢 譲れない

I know you feel it too, yeah

Deep in my heart 燃え上がる Fire 今も消えない

追いかける Destiny 終わらない

I’m gonna show you how we do

 

※So everybody, Let’s Boogie Woogie Baby

今すぐ行こう C’mon, Let’s go

たとえ ムリヤリでも 切り開くよ Just bring it on, Hey

怖いものは無いよ Ah

C’mon 言い訳してないで We can make it out

So Boogie Woogie Baby このまま行こう C’mon

Let’s get the Boogie on

Here we go

 

Are you ready? C’mon

綺麗事だけじゃ語れない 僕らの世界

だけど今日も 夢に見てた 明日を追いかけよう

 

※繰り返し

 

Oh… Let’s get the Boogie on

Oh… C’mon baby… C’mon baby…

 

 

“世界を染める Falling snow

全て真っ白に Paint it up, Paint it up”

の部分は対照法が使われているのではないでしょうか。世界を染める、と、Paint it up, Paint it up、が対照で、Falling snow、と、全て真っ白に、が対照になっていると感じます。

 

“今すぐ 飛び立てるのさ Like a butterfly”の部分は倒置法と直喩が使われています。蝶のように今すぐ飛び立てるのさ、という文章に工夫を加えることで、このようにインパクトのある歌詞が完成したと感じました。

 

“燃え上がる Fire 今も消えない

追いかける Destiny 終わらない”

の部分も対照法であると感じます。“綺麗事だけじゃ語れない 僕らの世界”には倒置法が使われています。

 

また、この部分には、心配なんてない、恐れない、譲れない、消えない、終わらない、怖いものは無い、言い訳してない、などの、〜ないという言葉の言い回しが多用されています。心配や恐れなどといったマイナスの意味を持つ単語の否定を連続させることで、前向きに立ち向かう強い意志を感じさせる効果をもたらしているように感じます。

 

 

歌詞を見ていくと最後に考察をした曲は、先に考察した2曲とは違って、恋人関係の2人の曲でもなく、ファンとアイドルとの関係性の曲でもないように捉えられます。まるで、彼ら自身が、自分自身に強く言い聞かせ、今の状況でもがきながらも前向きに立ち向かっていくような歌詞であると感じました。

 


はい、以上です!いつか載せたいと思っていたので、もうかなり満足(ただの自己満足)

 

すの単独のことも、書こう書こうと思ってるけどまだ書けてないから、のんびりでもいいから書いておきたいなぁ。もう本っ当に最高の時間だったから、この気持ちは絶対に文章に残しておきたい。めちゃくちゃ感動したとしても、記録として残しておかないと将来的に忘れてしまう自信しかないので。(え)

 

でも、いつでもYouTubeでSnowDreamを見られるのは本当に有難いなぁ。すの単独の時の記憶とか風景とかがちょっとだけよみがえってくる。はぁーーー、SnowManのこと好きになれてよかった。