ジャニヲタになったきっかけ

お題「ジャニヲタになったきっかけ」

 

あややさんが出されていた素敵なお題に乗っかって、私のジャニヲタになったきっかけをザーッと書いてみました。めちゃくちゃ雑ですが、悪しからず。はい、ということで!私がジャニヲタになったきっかけは、簡潔に言えば『花より男子』です。俗に言う、花男出の嵐永遠の新規ファンでした(笑)

では、小学生時代から今までを改めて振り返ってみましょ〜う!

 

小学生

当時、小学3年生の私は『花より男子』というドラマに出会う。そこで初めて『嵐』というグループの存在を知ります。しかし、すぐに嵐を好きになるという訳でも無く、道明寺を好きになるでも無く、ただただドラマの内容が好きで観る日々が続きます。つくしが可愛い!ってずっと言ってた気が。。(笑)

その後、元々テレビを観ることが好きであった私は、嵐が出演する番組をちょいちょい観るようになります。そして段々と「櫻井くんってかっこいいなぁ~〜!!」という思いがふつふつと湧いてきます(笑)そして、確か小学4年生の頃に『嵐の宿題くん』の放送が開始。この時点で私は、ジャニヲタと呼ばれる部類の人間になってしまったのだなぁ…と今は感じています(笑)毎週録画をして、DVDに落としていくことが日課となりました。小学6年生の時には『ひみつの嵐ちゃん』の放送が開始し、嵐に対しての熱も上がっていきます。その後、わくわくしながら、貯めたお小遣いで初めて自分でCDを購入。(5×10のCD)

 

 

中学生

中学生となり、突如学校に嵐ブームがやって来ます。同世代なら多分、分かってくれるはず。クラスの半分が嵐ファンなんじゃないか!?ってくらい嵐の話題で持ち切りだった時代ですよね!?クラスで嵐の話題が出なかったことは無いという夢のような日々です。もうね、めちゃくちゃ楽しかった!毎日嵐の話が出来る!小学生の頃と全然ちがう!ってウハウハパラダイス。

「昨日のひみつの嵐ちゃん観た~?」

「観た観た~!ダブルパーカー(笑)」

小学生では友達と嵐の話なんて出来なかったのに、中学生になり友達と嵐の話が出来るこく嬉しかったのを今でも覚えています。因みに、嵐の宿題くんの話は夜更かしをした者だけの特権であるため、早めに寝てしまう私にとってはそれがとてもうらやましかった…。こうして、中学生の3年間は嵐が好きな時代が続きます。けれども、コンサートには行けずに3年間は終わった。あっ、書きそびれていましたが、担当は結局、櫻井翔くんとなりました。顔のかっこよさはやっぱり偉大。

 

 

高校生

そして高校生となります。コンサートにも当たらず、一緒に嵐の話をしていた友達とも離れ、私の嵐への熱は徐々に冷めていくことに…。大人になったんですかねぇ(遠い目)。そんな時期にテレビを観ていて、私の目の前に現れたのが、Kis-My-Ft2でした。ローラースケートを履いて、コンサート会場のステージを疾走する7人の姿は、今まで嵐しか見ていなかった私にとってはとても新鮮で、また若さとデビューしたての勢いもあってキラキラと輝いて見えたのを覚えています(Jr.時代のことは全く知らなかった)。そして、キスマイブサイク!?の初回の放送を観て、私はキスマイの担当となります。最初は(あぁ~、玉森くんかっこいいなぁ…!)と、なんとなく思う程度でした。しかし、カラオケで『花』を歌うニカちゃんを観て、私は突然、ニカ担となります。それまではニカちゃんに対しては、ほぼ7位しか取れないダメダメな人だとしか思っていなかったが(ごめんニカちゃん…)、ハスキーボイスでしっとりと歌い上げるニカちゃんを観て印象がガラリと変わりました。もうねぇ、落ちるのはめちゃくちゃ速かったんですよ…それこそ転げ落ちるみたいに加速してニカ担になった(笑)どん底のマイナスイメージからの、いい方向へのギャップを感じ、そこからのプラスへのイメージの上がりようは凄いです(笑)うなぎ登り。だって、どん底イメージのスタートだったからもうこれ以上落ちるところがない(笑)上がるしかない(笑)ってことで、ものすごい勢いでニカ担が誕生しました。ここから、キスマイに貢ぐようになります。また、キスマイを好きになり、過去の動画を検索して勉強をしているうちに、A.B.C-Zの存在も知ることになります。ここからの私は、エビキス担(多分)。そして、高校2年生の冬。ジャニーズの現場、というものに初めて触れることになります。それがJOHNNY'S 2020 WORLD。2013-2014に帝国劇場で行われていた舞台です。当時セクゾファンだった友達に誘われて、初めてジャニーズの現場に行くことになりました。えびさんのパフォーマンスは生で1度は観てみたかったし、なんて良い機会なんだ!!と思い、田舎のJKはルンルンで東京へ向かいました。これが沼への入り口だったなんて全く知らずに……

 

 

トニトニ後。

えびさんのパフォーマンスに感動しつつ、なんと私はSnow Manを好きになり帰って来ました(何があった)。雑誌や少クラで(高校2年生頃に遂に我が家にもBSがやって来た)、たまにしか目にすることのなかったSnow Manでしたが、ニカちゃんお目当で映画館に見に行ったBBJの頃から気になってはいました。だって、かっこ良かったから。

トニトニのメインキャストの後ろでキラキラと輝くSnow Man。まだJr.のためメインキャストと比べれば、出番もそんなに多いわけではない。けれども、正直私はセクゾよりも、Snow Manの方がパフォーマンスや表現力のレベルの高さが溢れ出ていたと感じてしまいました。短い出番でも存在感や安定感を出しているSnow Manから目が離せなくなってしまいました。(っていうと、Snow Manのパフォーマンスに落ちた風に聞こえるけど、私はえびさんのスペビのバックで、ぴょんぴょんと笑顔で踊る阿部ちゃんを見て、阿部ちゃんに落ちました。何この可愛い人…。けど、名前が分からん。誰だ。めちゃくちゃ可愛い。この人のこと応援したい。ずっと見てたい…!ってなりました)

 

 

現在

Snow Manの阿部亮平くんの担当として、日々ジャニヲタ生活に励んでいます(笑)

彼ら6人が早くデビューできますように…。

光り輝けSnow Man…!

 

 

 

以上。

私がジャニヲタになったきっかけをザーッとお送りしました。