阿部亮平くんの私的おすすめポイント(お題箱のお返事)

 

まず、、、エピソード!?なぜ私に!?(笑)って感じなんですけども、こんな新規阿部担の端くれに質問して下さってありがとうございます、頑張りますね。。

 

具体的ではないんですけども、現場のあべちゃんは最っ高です。なんといっても表情の変化が素晴らしい!どのJr.よりも表情に気をつけて、お芝居をしたり歌を歌ったりダンスをしたりしていると思います(主観)

ちなみに、好きなパーツを聞かれて他メンバーが背筋、二の腕、腸腰筋、などと答える中で、あべちゃんの答えは「表情筋」です。理由は「顔ってやっぱり、いちばん人に元気を与えられるパーツだけど、それは表情筋あってのものだと思うから。」

はぁ…好きしかないですね。

 

あとは、やっぱり大学院生兼気象予報士ってのもポイントですよね。気象予報士に関してはメンバーにも言わずに勉強して、合格したら報告、ってかっこよすぎじゃないですか?しかも滝沢歌舞伎シンガポール公演から帰ってきてすぐくらいの日に試験って。。ツワモノすぎ…

 

(ここまで書いておいてなんですけども、長くなりそうなので箇条書きでいきます)

 

こんなに頭が良くて努力家で素敵なあべちゃんですが、面白エピ、可愛いエピ、も豊富です。

 

・熱でうなされてたときに「イタリア語で自問してロシア語で自答してた」byあべちゃんママ

(そして、あべちゃんはどっちの言葉も習ったことがない…謎)

 

・高校時代の模試で、緊張&頭を回転させすぎたせいか、何回も鼻血を出した。だからってセンター試験では「そろそろ来そうだな」って思い慌てて鼻にティッシュを詰める

 

・舞台でみんな着物みたいな衣装を着ているのに、あべちゃんだけ青のペイズリー柄の衣装を着用(衣装替えミス)

 

・マイクを付けずに舞台の2幕に出る(お茶屋さん役の女性ダンサーの方が、途中でお盆にマイクを乗せて持ってきて下さる)

※ちなみにその日はあべちゃんママ観劇

 

・滝チャンネルのJr.あるあるで、

「SnowManが歩くとジャラジャラコツコツ(ブーツ&アクセサリー)鳴るからすぐ分かる※阿部くんを除く」って言われて、家の鍵を腰につけてジャラジャラ音を出そうと頑張る

 

・SnowManのメンバーカラーは緑だけど、家族間でのメンバーカラーも緑

 

・100万円もらったら、株で倍にする!

 

・鍋を食べながらの座談会で、あべちゃんがみんなの分の鍋をずっとよそってる(ご飯よそわされる係)

 

・ふっかの誕生日だけ、自分の顔に「ふっか、おめでとう」とか化粧品でペイントした写メを送るのをずっと続けてる

 

・長所は優しいところ。短所は優しすぎるところ。(本人談、カレンダー付録Jr.名鑑より)飲み屋のキャッチが断れません(笑)

 

 

頭がよくて人間的にもアイドルとしても素晴らしい人!っていうのは調べて頂けたらすぐに分かると思うので、マニアック(?)的なところを挙げさせてもらいました。

人に伝えるのとか大の苦手なので、これが限界です。。とにかくたくさんの魅力の詰まった素敵なアイドルなので、一緒に楽しい楽しい沼の底で阿部担ライフをエンジョイしましょう!

 

#思い出の現場BEST3

 

 

皆さん思い出の現場ってありますよね?(突然)

 

初めてのジャニーズのコンサートとか、自担のビジュアルがめちゃくちゃ最高だったとか…。そういう楽しかった現場に対して、ファンマナーがめちゃくちゃ悪かった…とか、行ったはいいものの自担がいなかった…とか、これだけのジャニーズのファンがいれば、現場に対しての思い入れ、思い出も、かなりの数があると思うんですよ。だからもし良かったら皆さんの現場の思い出も聞きたいなぁ…なんて思って、ちょいタグ風のよく分からない題名にしました(笑)もしよろしければ、通りすがりにこのブログに辿り着いてしまった皆さんのお話もお聞きしたいです( ˘ω˘ )♡

 

 

 

はい!ということで、私の現場BEST3、いってみましょう!まずは3位から!!

 

 

◇思い出の現場BEST3◇

 

第3位

少年たち 世界の夢 戦争を知らない子供たち

 

これは初めてSnow Manがオリジナル曲をもらえた舞台だからめちゃくちゃ思い入れありますね、個人的に。最初はすと6人だけがキャストとして発表されていて、申し込みを締め切った後に、すのーまんが追加でキャストとして発表されて、しかも申し込み期限も延長して……っていう謎の状態だったから余計に覚えてる、というよりも、謎すぎて忘れられない(笑)すとだけで埋まらなかったから、客寄せのためにすのーまんが使われたんじゃ?ファンがお金をよく落とすからすのーまんなの?とかなんとか色々言われてたけど、初めての主演舞台、初めてのオリジナル個人クリアファイル、初めてのオリジナル曲!って初めてのオンパレードで、単純にめちゃくちゃ嬉しかったです。結局、毎年恒例ですのすと括りで日生劇場で少年たちを行うようになって、今年は日生だけに留まらず、松竹、西日本ツアーと活動範囲も広がりました。そのきっかけにもなった舞台が、この年の少年たちだと思うとやっぱり忘れられないものです。

 

それと、私が初めて日生劇場に足を運んだのもこの公演。真っ白な大理石の床の上に赤い絨毯って…西洋のお城かよ(行ったことないけど)…みんなパステル花柄ふわふわスカートって…どこぞのティーパーティーだよ…みんな精一杯のお洒落をして可愛くなって自担という王子様に会いに来てるのか…って思った。スポーティーなリュックに、これまたスポーティーなスニーカーにグッズを入れる用のでかめなトートバッグっていう場違いすぎるラフな格好に全力で後悔しました…。

 

また、初めての主演舞台だからって、私自身も気合を入れて、全員分のステフォオリフォ、その他グッズ全種をまとめて購入したのですが、、、恐らく私の見た目が中学生か高校生に見えていたせいか(当時は大学1年生)周りのお母さん世代の方々や恐らく同世代であろうふわふわ量産型と呼ばれる方々に、ひそひそと何か話されていたのも今となってはいい思い出。(ちゃんと自分で稼いだお金ですよ~!親のお金じゃないですから~!)って、内心ではひそひそ話に対抗しつつ、華麗にスルー。

 

公演自体には1回しか入れなかったから、正直既に記憶は薄れてきているし、なんなら観終わった直後でさえ既に記憶無かったけど(笑)阿部ちゃんの内緒だよシーと腹チラだけは絶対に見逃さないようにしようと思って一生懸命双眼鏡を除いていたのは覚えてる。

 

6人の前に誰もいない、誰かのバックじゃない、6人が舞台の最前列に立っている、新衣装で舞台上に6人だけがいて、6人でオリジナル曲を歌うっていうことにひたすら感動した舞台です。だから、私にとって、忘れられない思い出の舞台。

 

 

 

第2位

Kis-My-Ft2 CONCERT TOUR 2016 ISCREAM

 

これは初めて自担から、確実に自分に向けてって分かるファンサを頂けたコンサートのため、第2位にランクイン(笑)あと、すのーまんが東京ドームのセンステでオリジナル曲ZIG ZAG LOVEを披露させて頂けたコンサートだから、ってのも第2位に決めた大きな理由です。

まず、ファンサについて。

私がにか担だった頃に仲が良かったにか担さんと行ったのですが(ややこしい)、もうね、席が最高だったんですよ〜~。(ここから私的、盛大な自慢の連続です。非常にうるさいです。読みたくない方が多数だと思うので、1位まで読み飛ばしてくださいませ。)

 

……では、いきます!

 

すのーまんを見るならバクステ!とTwitterで流れていましたが、なんとにか担さんが当ててくれていたのがなんと…

 

バクステ最前。

 

はっ!?最前!?えっっ、席、間違ってない!?本当に最前!?この席に私が座ってもいいの…??すの担にとって、特等席じゃん??ってとにかく慌てた。しかも謎の花道横の2人席(笑)アイスクリームのコーンの先の部分。絵心が皆無な件は気にしないで下さい。(下図参照、因みに○はメガラブの立ち位置、左から、なべ、がや、あべ)
f:id:snow_akka:20170619164513j:image

 んでもって、コンサートが始まり、ついに来ました……

 

キ・ス・ウ・マ・イ!

 

阿部ちゃんの立ち位置0ズレ!!

 

周りのファンの団扇はキスマイのみ!!!

                             Ⅱ

阿部ちゃん団扇が周りにいない!!!!

 

というファンサを頂くには絶好の環境が整っていた訳です。ここまでの好条件が揃って、阿部ちゃんの立ち位置で、阿部ちゃん団扇を持っている人が立っていたら、あの阿部ちゃんが見逃すはずがないですよね。

はい……ちゃんと、君にやってるよ!っていうのが分かるように、しっかりと何度も指差してから、めちゃくちゃ笑顔でファンサにしては結構な長時間両手を振ってくれて…もうね、可愛すぎて倒れるかと思った_(:3」 ∠)_しかも周りはキスマイ担しかいないから、本当に自分に向けてやってくれたっていうのが、自分でも周りの人から見ても明らかに分かるやつ。勘違いファンサ、おこぼれファンサじゃないやつ。やばい。どうしよう。こんなに確実に自分に向けたファンサなんてもらったことが無かったからって、もうパニック。えっっ、ファンサってこんな感じなの!?めっっちゃ見られてるじゃん!?こんなに見てくるの!?って。柄にもなくめちゃくちゃはしゃいだけど、周りの人も冷めた目で見る訳ではなく、良かったね~!って言って下さったり、通路を挟んで隣のブロックの人達にも、ファンサがすげぇ…みたいな目で見られたり、ちょっとだけ優越感に浸りました。キスウマイに続き、メガラブも立ち位置0ずれだった訳ですが、もうね、自分の近くにはキスマイ担しかいない上に、自分の目の前で阿部ちゃんはずーっと踊ってるんですよ。そんなことされたら、勘違いしちゃうよねぇ。キスウマイからメガラブまでは、自分のためだけに踊ってくれてるのかと思った(違う)。でも本当にそう思うくらいに、目の前でキラキラした笑顔でこっちを見て踊ってくれてた(気がした)から、あの瞬間は東京ドームで1番幸せな人だった自信ある。だって私のために踊ってくれてたでしょ(だから違う)。こんなに立ち位置どんぴしゃなら投げチューして団扇でも作っていけば良かった、とかコンサート終わってから思っちゃったよ(貪欲すぎ)。

 

はい、バクステ最前だったから、センステは遠かったんですね。まぁ、埋もれる埋もれる。けど、横が通路+後ろに人がいない、から申し訳なく思いながらも、若干通路にはみ出して防振準備。愛しの防振ちゃんのおかげでZIG ZAG LOVEもバッチリ見られました。あの広い東京ドームのセンステに6人のみ、白いペンライトでいっぱいになる東京ドーム、そんな中で歌って踊るSnowMan。本っ当に美しくて綺麗でした。こんな景色が見られる日が来るなんてなぁ…ってうるっときてしまった。ありがとうキスマイ(元担)。

 

 

 

 

はい、来ましたラスト!第1位!

 

 

 

 

 

 第1位

A.B.C-Z Early summer concert

 

これは…なんて言えばいいんだろう…。話すと長くなるんですけど、誰かに話したいので書きますね←

 

アリサマコンに行った当時は大学1年生。……ということで1年間は受験生だった訳ですね。受験明けの初現場がアリサマコンだったんです。で、何でそれが1位かっていうとだって、だって……

 

 

 

受験生の間は現場全部我慢してたから!!

そして、まさかの1年ぶりの現場に、すのーまんがバックで付くことになったから!

(歌舞伎、クリエは全滅したためお留守番)

 

あと、これが私にとって初めてのジャニーズのコンサートでした。初現場が舞台だったので。詳しくは過去記事参照です(笑)

 

 

とりあえず、受験の話からしたいんですけど(遡りすぎ)

 

 

大学受験の勉強ってつらすぎませんか!?!?(大声)

 

 

私が通っていた高校は、自称進学校っていうんですかね、国立推しだったんです。だから私も、(行くなら国立だな!私立なんてお金がかかりすぎて無理だし…あと、ジャニーズのためにも関東に出たい!)って思って必死で勉強してた。けど、まぁ点数が上がらない。いくら勉強しても勉強しても点数が全く上がらないっていう状況が常に続いてる感じ。つらい。

高校が違うじゃにおたの友達は専門学校に進むからって夏にはもう進路が決まってて、夏休みも現場にめちゃくちゃ行ってたんですね。羨ましすぎる……。行きたい……。って思いつつひたすら夏休みも勉強。つらい(Part2)

夏も秋も冬も私は現場に行かなかったわけですけど、冬のジャニワでお見送り制度があったっていうのを知った時も、羨ましすぎて行けない自分を呪いました。こんなに勉強してるのに全然点数上がらないし…現場も行けないし…でももうすぐセンターだし…なんなんだもう、、受験って。つらい(Part3)

その後、年が明けてだんだんと私立大の受験が始まって、私立第1志望の人は続々と進路が決まっていきます。そんな中で私は私立全落ち。つらすぎ。(Part4)

その後も死ぬほど勉強したけど、センターまでに取りたい点数が模試で1回も取れなくて。結局、本番のセンター試験でも必要な点数が取れなくて、呆気なく私の関東国立大学へ進出の夢は破れました。つらい(Part5)

その後は切り替えて、自分のセンターの点数で受けられそうな地方国立大学を探して受験。で、無事に前期で合格を頂きました。とにかく長かった。

 

 

……っていう出来事を経てからの現場ですよ!

 

 

えびさんのコンサートは元々行きたくてチケットは申し込んで、当選はしていたけども、すのーまんが付くか付かないかは微妙な感じだったんですね。でも、ふみきゅんがすのクリエ見学に訪れた時にペラってくれたおかげで、すのがアリサマコンに付くことが確定。ありがとうございまーす!(笑)歌舞伎もクリエも行けなくて、次会えるのは一体いつなんだ…って途方に暮れてた時だったから本当に嬉しかったし、めちゃくちゃ有難かったです。

 

で、コンサート当日。お席はアリーナのめちゃくちゃ前方、メンステが真ん前、センステへ続く花道のめちゃくちゃ近く。なんだこの席は…有り難すぎる…ってなった。報われたとかそういうことが言いたい訳じゃないし、そういう訳とも思ってないけど、なんかもう…席についただけでも嬉しかったです…うぉぉぉ!!って感じ(伝わらない)。

で、Vanillaが流れてコンサートが始まるでしょ。私Vanilla大好きなんですよ!だから、セトリ最高かよ!ってめちゃくちゃテンション上がってました。

で、その後がメクルメク。すのーまんがバックに登場。

 

 

もうね、すのーまんが出てきた瞬間泣くかと思った。というより泣いた。めちゃくちゃ目に涙溜まってた。あっっ、すのーまん生きてる…阿部ちゃん生きてる…めちゃくちゃ元気に踊ってる‪。゚(゚´ω`゚)゚。‬って。

 

 

存在に感謝ってこういうことなんだな…ってものすごく実感した瞬間です。しかも、なかなかの近さだったしね。阿部ちゃんが有難いことにほぼ目の前で。元気ににこにこ踊っている姿を見ているだけでめちゃくちゃ幸せでした。

現場は自分の意思で行かないと決めた訳だけども、やっぱりつらくて。結局、第1志望の大学にも関東にも行けなくて…つらくて。

そんな時期を経てのコンサート。目の前で元気に笑顔で踊る自担。大袈裟だって思う方もいるかもしれないけど、ジャニーズって素晴らしいな…阿部ちゃんの担当で良かったな…生きててくれてありがとう。生まれてきてくれてありがとうって。って瞬間的に心の底から本気で思いました。

 

 

 

これが私の思い出の現場BEST3です。何が言いたかったのかは分からないけど、

 

阿部ちゃんありがとう。

 

っていうのは書いていて、ものすごく感じました。大学に通って(しかも上智)、気象予報士の資格も取って、成績優秀者にも表彰されて、大学院にも行って、世界遺産検定2級も合格して…もう、阿部ちゃんのことはジャニーズだから、アイドルだからとかではなく、人として尊敬しています。だって、私たち一般人が普通に生活してても難しいようなことを、阿部ちゃんはすのーまんとしての活動も行いながらこなしちゃうんですよ。あんなに忙しいのに。えっっ、冷静に考えて凄すぎますよね??尊敬できる自担って素敵。

 

 

そしてそして話は180度変わって……私は月日を経て、再び受験生となりました。今度は目指せ、都会の公務員!またまた死にそうになりながら絶賛、勉強の日々です。でも、阿部ちゃんが頑張ってると、私も頑張ろうって思える。ファンがこんなグダグダとだらけてるくずみたいな人間じゃダメだ…!しっかりとした大人にならなければ…!って、阿部ちゃんが頑張れば頑張るほど、自分のダメさを、痛いほど思い知らされるから。私自身、阿部ちゃん担当と名乗るからには絶対に、努力を辞めない、全力で取り組む、上に上に向かって行くって決めているんです。はい、重いですね。勝手ですね。めんどくさいやつですね。でも、それが出来ないなら、阿部担失格、って自分に言い聞かせて、阿部担をやっています(激重)。だって、人生中途半端に生きてるようなやつ(私)がファンなんかやってたら頑張っている阿部ちゃんに失礼だから。今年は大学のチアダンスの全国大会に出場してきたんです。めちゃくちゃ練習して、同時に勉強、レポートもして。……頑張ったって言える。ただの自己満足かもしれないけどね。だから、今年も阿部担です。

阿部ちゃんを、ファンとして一生応援し続けたいから頑張ります(重い)。だって、こんなに素敵なジャニーズ、私にとっては他にいないから。自担が頑張ってるから私も頑張る、って思えるのはすごい事ですよね。阿部ちゃんって本当に素敵なアイドルなんです。誰が何と言おうと、みんなを笑顔にする、幸せにする、立派なアイドルなんです。

 

 

ジャニヲタになったきっかけ

お題「ジャニヲタになったきっかけ」

 

あややさんが出されていた素敵なお題に乗っかって、私のジャニヲタになったきっかけをザーッと書いてみました。めちゃくちゃ雑ですが、悪しからず。はい、ということで!私がジャニヲタになったきっかけは、簡潔に言えば『花より男子』です。俗に言う、花男出の嵐永遠の新規ファンでした(笑)

では、小学生時代から今までを改めて振り返ってみましょ〜う!

 

小学生

当時、小学3年生の私は『花より男子』というドラマに出会う。そこで初めて『嵐』というグループの存在を知ります。しかし、すぐに嵐を好きになるという訳でも無く、道明寺を好きになるでも無く、ただただドラマの内容が好きで観る日々が続きます。つくしが可愛い!ってずっと言ってた気が。。(笑)

その後、元々テレビを観ることが好きであった私は、嵐が出演する番組をちょいちょい観るようになります。そして段々と「櫻井くんってかっこいいなぁ~〜!!」という思いがふつふつと湧いてきます(笑)そして、確か小学4年生の頃に『嵐の宿題くん』の放送が開始。この時点で私は、ジャニヲタと呼ばれる部類の人間になってしまったのだなぁ…と今は感じています(笑)毎週録画をして、DVDに落としていくことが日課となりました。小学6年生の時には『ひみつの嵐ちゃん』の放送が開始し、嵐に対しての熱も上がっていきます。その後、わくわくしながら、貯めたお小遣いで初めて自分でCDを購入。(5×10のCD)

 

 

中学生

中学生となり、突如学校に嵐ブームがやって来ます。同世代なら多分、分かってくれるはず。クラスの半分が嵐ファンなんじゃないか!?ってくらい嵐の話題で持ち切りだった時代ですよね!?クラスで嵐の話題が出なかったことは無いという夢のような日々です。もうね、めちゃくちゃ楽しかった!毎日嵐の話が出来る!小学生の頃と全然ちがう!ってウハウハパラダイス。

「昨日のひみつの嵐ちゃん観た~?」

「観た観た~!ダブルパーカー(笑)」

小学生では友達と嵐の話なんて出来なかったのに、中学生になり友達と嵐の話が出来るこく嬉しかったのを今でも覚えています。因みに、嵐の宿題くんの話は夜更かしをした者だけの特権であるため、早めに寝てしまう私にとってはそれがとてもうらやましかった…。こうして、中学生の3年間は嵐が好きな時代が続きます。けれども、コンサートには行けずに3年間は終わった。あっ、書きそびれていましたが、担当は結局、櫻井翔くんとなりました。顔のかっこよさはやっぱり偉大。

 

 

高校生

そして高校生となります。コンサートにも当たらず、一緒に嵐の話をしていた友達とも離れ、私の嵐への熱は徐々に冷めていくことに…。大人になったんですかねぇ(遠い目)。そんな時期にテレビを観ていて、私の目の前に現れたのが、Kis-My-Ft2でした。ローラースケートを履いて、コンサート会場のステージを疾走する7人の姿は、今まで嵐しか見ていなかった私にとってはとても新鮮で、また若さとデビューしたての勢いもあってキラキラと輝いて見えたのを覚えています(Jr.時代のことは全く知らなかった)。そして、キスマイブサイク!?の初回の放送を観て、私はキスマイの担当となります。最初は(あぁ~、玉森くんかっこいいなぁ…!)と、なんとなく思う程度でした。しかし、カラオケで『花』を歌うニカちゃんを観て、私は突然、ニカ担となります。それまではニカちゃんに対しては、ほぼ7位しか取れないダメダメな人だとしか思っていなかったが(ごめんニカちゃん…)、ハスキーボイスでしっとりと歌い上げるニカちゃんを観て印象がガラリと変わりました。もうねぇ、落ちるのはめちゃくちゃ速かったんですよ…それこそ転げ落ちるみたいに加速してニカ担になった(笑)どん底のマイナスイメージからの、いい方向へのギャップを感じ、そこからのプラスへのイメージの上がりようは凄いです(笑)うなぎ登り。だって、どん底イメージのスタートだったからもうこれ以上落ちるところがない(笑)上がるしかない(笑)ってことで、ものすごい勢いでニカ担が誕生しました。ここから、キスマイに貢ぐようになります。また、キスマイを好きになり、過去の動画を検索して勉強をしているうちに、A.B.C-Zの存在も知ることになります。ここからの私は、エビキス担(多分)。そして、高校2年生の冬。ジャニーズの現場、というものに初めて触れることになります。それがJOHNNY'S 2020 WORLD。2013-2014に帝国劇場で行われていた舞台です。当時セクゾファンだった友達に誘われて、初めてジャニーズの現場に行くことになりました。えびさんのパフォーマンスは生で1度は観てみたかったし、なんて良い機会なんだ!!と思い、田舎のJKはルンルンで東京へ向かいました。これが沼への入り口だったなんて全く知らずに……

 

 

トニトニ後。

えびさんのパフォーマンスに感動しつつ、なんと私はSnow Manを好きになり帰って来ました(何があった)。雑誌や少クラで(高校2年生頃に遂に我が家にもBSがやって来た)、たまにしか目にすることのなかったSnow Manでしたが、ニカちゃんお目当で映画館に見に行ったBBJの頃から気になってはいました。だって、かっこ良かったから。

トニトニのメインキャストの後ろでキラキラと輝くSnow Man。まだJr.のためメインキャストと比べれば、出番もそんなに多いわけではない。けれども、正直私はセクゾよりも、Snow Manの方がパフォーマンスや表現力のレベルの高さが溢れ出ていたと感じてしまいました。短い出番でも存在感や安定感を出しているSnow Manから目が離せなくなってしまいました。(っていうと、Snow Manのパフォーマンスに落ちた風に聞こえるけど、私はえびさんのスペビのバックで、ぴょんぴょんと笑顔で踊る阿部ちゃんを見て、阿部ちゃんに落ちました。何この可愛い人…。けど、名前が分からん。誰だ。めちゃくちゃ可愛い。この人のこと応援したい。ずっと見てたい…!ってなりました)

 

 

現在

Snow Manの阿部亮平くんの担当として、日々ジャニヲタ生活に励んでいます(笑)

彼ら6人が早くデビューできますように…。

光り輝けSnow Man…!

 

 

 

以上。

私がジャニヲタになったきっかけをザーッとお送りしました。

 

自己紹介

こんばんは、初めまして!

 

ということで始めに自己紹介を…。

 

まず、はてなブログを始めた理由。

以前から使っていたアメーバブログでは自分の書く文章量がアメブロに合っていないと感じたり、アメブロの機能上、書きたいことが思うように書けないと感じたりしていた時に、はてなブログの存在を知ったため。また、私はパソコンのタイピングが人と比べてとても遅いです(笑)そのため、はてなブログで自分が好きなジャニーズについて書くことで、パソコンのタイピングが少しでも早くなれば良いなあ、それに加えてレポートを書くスピードも速くなれば良いなあ、なんていう勝手な願いも込めて…。(笑)

 

さて、ここからは私自身について。

私は現在、田舎の平凡な大学一年生です。新幹線に乗って、その後さらに在来線に乗り換えて、毎日2時間ほどかけて通学をしています…慣れてきたけども、やっぱ長い道のりだなぁ。

 

バイト先は地元のショッピングモールの本屋。社員やバイトは、全書籍20%OFFで購入することが出来るため、ジャニヲタのお財布に優しく、とても助かっています。たまに、P、D、Wの3誌をまとめ買いして下さるお客様がいらっしゃると親近感が湧き、嬉しくなる。どなたのファンですか?(興奮)ってめちゃくちゃ話しかけたくなるのを必死に抑えてレジをしています(笑)

 

大学で所属しているサークルはチアダンスサークル。小中高と12年間新体操をやっていたため、似たようなものかなあと軽い気持ちで入ったが、キャピキャピルンルン♪なチア初心者であるキラキラJDで溢れていたことに衝撃。を受けつつなんだかんだで楽しく活動中。

 

因みに私の新体操のレベルは、12年も続けていたにも関わらず、私よりも後から新体操を始めた人の方がレベルが断然高い、というほど低いです…。下手だが踊ることは好き、というただの楽しく踊ることが大好き芸人💃そして残念ながら、ジャニーズが踊るような激しいダンスは全く出来ない。もちろんバック転や側宙も出来ない。私が出来る中で1番レベルが高いと勝手に思っている技は、新体操で前方や後方などと呼ばれる技。またはリボンやクラブといった手具を投げている間に側転や前方をして、投げた手具を取るという技です。これが限界。これ以上やったら、ババアは体を壊します。筋肉5です(すのクリエより)

 

自分自身が踊ることが好きで、踊りを見ることが好きなため、基本的にしっかりと踊れる子が好きです。そして、私が好きで応援しているグループはSnow Man。担当は阿部亮平くん。

 

ジャニヲタになった理由についても書こうと思ったけども、それについてはジャニヲタハテナブロガーならば誰もが知っているであろうあややさんが「ジャニヲタになったきっかけ」という素敵なお題を出されていたため、次の記事で、そのお題に乗っかって書いていきたいと思います!

 

ということで、これからは、はてなブログにお世話になります。

よろしくお願いします☀

 

記録

2013

12.24 JOHNNY’S 2020 WORLD

 

2014

1.11 JOHNNY’S 2020 WORLD

9.20 ARASHI BLAST in Hawaii ライブビューイング

 

2015

5.31 A.B.C-Z Early summer concert

9.14 少年たち 世界の夢…戦争を知らない子供たち

9.17 KIS-MY-WORLD KIS-MY-FT2 CONCERT TOUR 2015

9.20 Arashi Blast in MIYAGI

10.12 ABC座 2015

11.23 タッキー&翼 ふたり旅

12.22 JOHNNY’S WORLD

 

2016

4.2 ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7

4.30 滝沢歌舞伎2016

6.4 コインロッカー・ベイビーズ

8.5 Kis-My-Ft2 CONCERT TOUR 2016 ISCREAM

8.6 Kis-My-Ft2 CONCERT TOUR 2016 ISCREAM

8.8 Johnny’s Mr.KING SUMMER STATION Snow Man×Love-tune×高橋海斗

8.8 Johnny’s Mr.KING SUMMER STATION Snow Man×Love-tune×高橋海斗

8.8 Johnny’s Mr.KING SUMMER STATION Snow Man×Love-tune×高橋海斗

8.10 A.B.C-Z Star Line Travel Concert

9.10 アンダースタディ

9.10 少年たち 危機一髪!

9.14 DREAM BOYS

9.14 少年たち 危機一髪!

9.20 少年たち 危機一髪!

12.31 ジャニーズカウントダウン2016-2017

 

 

 

2017

 

1.13 JOHNNY’S ALLSTARS ISLAND 18:00

3.24 ジャニーズJr.祭り 18:00

4.16 ジャニーズ大運動会2017 13:00

4.19 滝沢歌舞伎2017 13:00

4.19 滝沢歌舞伎2017 18:00 

5.3 滝沢歌舞伎2017 18:00

5.10 滝沢歌舞伎2017 13:00