2018.3.25 SnowMan単独コンサートin横浜アリーナ

 

すの単独からもうすぐ3週間も経ちますねぇ、早すぎる。世間はすっかり歌舞伎モードですが、未だ余韻から抜け出せていない上に、スノドリがYouTubeで更新された!( ; ; )ということで、単独のことをまだ書いていなかったのでここで懐古させて頂きます。

 

まずコンサートが決まった時のことから。はい、めちゃくちゃ遡る。今年もJr.祭りあるのかなぁ~?的な雰囲気が漂う中で発表されたJr.祭り。しかも、すのすとらぶとら各グループごとに単独コンサートまであるという…!素敵…!絶対行く…!

 

…って思ったけど、まず最初に考えたのは、「えっこれ埋まるかな…?」ってことでした。(ごめんなさい) デジチケだし、ダブったら面倒いよなぁ、とか思って控えめに申し込んだら見事に全滅で、本当に申し訳ないけどなめてた。Jr.ってすご…ってなった(今更感)

大学の嵐ヲタの子がJr.名義も持ってるって言っていて、その子にも一応、一応ね!申し込みを頼んでおいたんだけど、まさかのその子が、すの単独を当ててくれるっていう。頼んでおいて良かったぁぁぁ。もう女神さま。

 

ということで、行けることになったからもうめちゃくちゃ楽しみ。でも楽しみなんだけど、ちょっと寂しかったり怖かったり。

 

私は2013のトニトニという、なんとも微妙な時期にSnowManのファンになったんですけども、その時にアメブロで仲良くしてくれてた子たちは、もうすのから降りちゃってて。まぁ、まだ中学生とか高校生だったし、好きの感情なんて2年で変わっちゃうもんね…。仕方ないよね…。でもその後、大学生になってからTwitterで仲良くしてくれてた子たちもここ1、2年で割りとすとらぶハイハイとかに降りた子が多くて。……切ない。あと少し、ほんの少しだけでも早くに単独コンサートがあったらな…って少しだけ思っちゃった。SnowManにはとてもとても申し訳ないんだけど…。

 

あとは単純に、すの担さんが怖かった(笑)私かなりの小心者&人見知りなので。。。今でこそ、「すの担さんは優しいなぁ…」とか「すの担さん好き!すごい!」とか言われてる(?)けど、ちょっと前はそんなんじゃなかった気がする(ごめんなさい、ただの主観)。そんな怖い人ばっかじゃないってのは頭では分かっているつもりなんだけど、でも私がファンになったばっかの頃、すの担さんって財力を持ったお姉さまばかりで(今でも割りとそうだけど)自分が1番年下、ってレベルで。それと、自担だけ好き!みたいな人も多くて。私はメンバー全員をまるっと好きにならないと、この人の担当になる!このグループを応援する!って思えないタイプの人間なので、価値観合わないなぁ…ってもずっと思ってた。あと、デビューしたら遠くに行ってしまうから、別にデビューしなくてもいいんじゃない?デビューはもう無理じゃないかなぁ…みたいな人もかなりいて。私の周りだけかもしれないけど。私はSnowManはもっと世間に広まって欲しいし、大きいところでコンサートをさせてあげたい!もっと沢山の素晴らしい景色を見てほしい!って思ってるタイプだったので。そこの部分に関しても合わないなぁって思ってた。あと、自分のペースで好きなようにおたくしたいから、最近流行りの#SnowManのためにできること、のタグもめちゃくちゃ怖かった。何これ、宗教かよ…こわ…って思ってた。(すみません)

 

とまぁ、なんかそんな感じで(?)SnowManのことは大好きだけど、すの担さんだけが集まる空間ってのにちょっと怯えてた。(実際はすの担さんが集まる横アリはめちゃくちゃ素敵で幸せな空間だったけど)

 

………なんかぐだぐだしてきちゃったから、そろそろすの単独のことに入ります。

 

とりあえずめちゃくちゃ緊張してて、コンサートが始まる前に会場でなんの曲が流れてたとかは自分でもびっくりするくらい記憶がさっぱり無くて。でも、SnowManコールは私が聞いたことがある中では1番大きくて、それだけはすっごく覚えてるし感動した。まだ始まってもないのに初っ端から泣きそうだったなぁ。(笑)

 

 

・ZIG ZAG LOVE

やっぱ始まりはじぐざぐらぶだよね〜~!イントロかかっただけでテンション上がる(ふぅぅぅぅー!!!)

 

 

SnowManメンバー自己紹介ラップ

席が北スタンドだったのでまぁ遠い。全然見えない(笑)湾岸からしょっぴー呼びになったけど、相変わらずしょっぴーだったからなべしょ呼びは遂に消えたのか…って切なくなった。(笑)あと夏のEXから?「タイプA でも塩顔系」で来てたのが「タイプA でもそりゃちげぇ」に戻ってて、おぉぉぉーー!って思った、個人的には。意味が伝わる方に戻ってるー!って(笑)

 

 

・PSYCHO
・Gravity

この辺りはキスマイのアイスクリームを受け継いでますよね。(笑)アイスクリームはめちゃくちゃ楽しかった記憶しかないから、この流れちょーーー好き!あと、阿部ちゃんがPSYCHOでどれだけ踊り狂っても落ちない大きなステージの安心感(笑)

 


・Vanishing Over

バニシーーーン!少年たちの時は、なんかステージ上をゴロゴロ転がってんなぁ…ってくらいにしか思ってなかったんだけど(ごめん)、 少クラで歌詞とか込みでしっかり見たらめちゃくちゃ好きになった曲。個人の挨拶的なものが入ってたけど、だてさんの挨拶の時点でもうほぼ曲の終わり的な感じだったから、えっ、これじゃ阿部ちゃんの挨拶入らなくない…!?!って1人で勝手に焦ってた。(笑)けど!最後の最後に「幸せになれぇぇぇ!」って叫ぶ阿部ちゃんにもうテンションぶち上げ!(cv:渡辺くん) 

 


・SPOT LIGHT

スポットライトーー!阿部ちゃんが年明けのあけおめ局動画からずっと匂わせてたやつーーー!(笑)これ、私めちゃくちゃ楽しみにしてたらしくて(1月のツイートまで遡ってみた)、局動画見て、その後にYouTubeで本家の曲を聞いて、速攻パート予想してた。しかも、あべふかだけ反対っていうニアミス(笑)だったから当日歌い始めて、私の予想通り…ってか歌って欲しい人が歌ってくれてた(?)から、うぉぉぉ~~!ってテンション上がりました(1人で)

 

 

・LOVE YOU ONLY (あべだて)

私はあべだてよりもあべふか派なので、そこまでうぉーーー!ってはならなかったけど、阿部ちゃんが、大好きなだてさんと一緒に歌っている姿がめちゃくちゃ幸せそうで、こっちまで幸せになれました!

 


・Love so sweet (なべさく)

|/‘_‘*)「この曲を聴くと松本潤くんに怒られた思い出しかありません!」

(*´」`)「僕は松本潤くんにたくさん褒めてもらいました!」

の対比がめちゃくちゃに可愛かった……!!!サイズ感も一言ももう全部可愛い!好き!

 

 

・オレンジ (いわふか)

いわふかでオレンジかぁ~!めちゃくちゃ良いわ〜!ずるいわ~!って思った。

 


・カナシミブルー (だてさくあべなべ)

これあんまり覚えてないんだよなぁ…何してたんだろ私。。

 

 

・WHITE WORLD

湾岸で初めて聞いてから、すごく好きになった曲。KAT-TUNを通ってきていないおたくなので、湾岸で初めて見て、聞いて、素敵な曲だなぁって思った。雪をすくう阿部ちゃんが大好きなんですけど、やっぱりメンステが遠い…見えん…(笑)

 

 

・いつか

いつかーーーー!これもイントロ聞いただけでめちゃくちゃテンション上がった。2014の歌舞伎は大学受験のため断念をして、2015こそは!!!って思ってたけど、みっくん&薮くんっていう高倍率にあっけなく全滅。さぁ、2016こそは行くぞ!って決意をし結果的に無事に当選して行けたのですが、まさかのいつかが消えているという。。。DVDで初めて観て、ダンスの美しさと、女性ダンサーさんとの絡みの妖艶さに感動して、ずーっと生で見たいと思っていて、でも演目から消えてしまって…。だから、横アリで生で見ることが出来てめちゃくちゃ感動。ここでも再び涙の波が…( ; ; )はぁ、、SnowMan最高( ; ; )

 


・アンダルシアに憧れて (ひーくんソロ)

コンサートでアンダルシア!?!って単純に驚いた。けどめちゃくちゃかっこよかったし、ハピアイに行かなかった者としては、阿部ちゃんが踊るアンダルシアを見られてすごいお得感がありました(笑)最後の壁宙は予想外すぎて…1人にも関わらず「ふぉーーー!」って思わず歓声をあげてしまった。そのくらい本当にすごかった!!!かっこいい!!!

 

 

青春アミーゴ (なべさく → だてさん以外)

渡辺くんが歌い始めて、お?お?遂にゆり組さんで青春アミーゴか!?リアル地元じゃ負け知らず聞けんのか!?!って思ってたら、さっくんが登場(笑)だてさんじゃないんかーーい!って絶対に誰もが思ったはず。(笑)

 


・〜Follow Me〜(だてさんソロ)

KAT-TUNを通ってきていないおたくなので、初めは、誰の曲なのかな…って思ったんですけど、演出を見て「あ、亀梨くんか」ってすぐになりました(笑)すっごいセクシー。舘様ワールド全開って感じだった。途中からだてさん以外も登場したから、どこまでがFollow Meだったのかはちょっとよく分からなかったんですけど(笑)阿部ちゃんが頑張ってセクシーを表現してるのが可愛かった。。けどそれよりも、メンステでのだてさくがやばくて。見てはいけないものを見ている感があった…(笑)けど、何事も振り切ってできるだてさくだからこそあんなにも妖艶になるんだなぁって思いました。

 


・(Darkness→)ヲタクだったってIt's Alright!

Darknessのイントロがかかって、「え、初の横アリ単独でのソロでDarknessやるの…」って思ったけど、ヲタクだったって~だったからホッとしました(笑)バックに5人がついてのヲタ芸はめちゃくちゃ可愛かったし、これもまたアイスクリームが頭に浮かんできた。てか、アイスクリームで得た曲(?)って多いな。キスマイさん、あの時、6人を付けて下さって本当にありがとうございました…!あとは、突然のブレイクダンスがかっこよすぎて見入ってしまった。あんなにかっこいいアニメオタクなんてどこ探してもいないよ…。

 


・Boogie Woogie Baby

あぁーー!久々の和のイントローーー!歌舞伎ーーー!ってテンションが上がったんですけど、だてさんの「SnowManが大好きなベイビーちゃん達に捧げます。ブギウギ…ベイビー…(いい声)」が面白すぎたw

 


・Messenger

阿部ちゃんの「婚姻届け~~!♡」がドラえもんが道具を出す時と完全に同じイントネーションだったけど、それが全く気にならないくらいに心がぎゅんってした。あざとい。可愛い。好き。あとは、ふっかの「みんな楽しい〜?」 \楽しい~!/の後の「良かったぁぁぁぁ!」を聞けてなんかめちゃくちゃ嬉しくなった。ファンのことを楽しませようとたくさん考えてくれたんだろうなぁ…って心が暖かくなりました。あとは、みんながメッセージを書くための時間を1人で繋いで、その後に自分はさらっとメッセージを書き終えるふっかがスマートすぎてめちゃくちゃかっこよかった。今どき色紙を投げるってあんまりやらないのかな?っていう印象だったんだけど、SnowManがずっとやりたかったことなんだろうなぁ、って思うとめちゃくちゃ愛おしくなりました。

 

 

・MC

楽しみすぎて眠れなくなっちゃったさっくんと、リハの動画見てたら不安になっちゃって眠れなくなった阿部ちゃんが、theあべさく!って感じでこれもまたすごい愛おしくなりました。不安になっちゃう阿部ちゃん可愛いねぇ。見学紹介は色々ありましたね…書こうと思ったらうだうだしちゃうから書かない(察して)。林くんにとにかく癒されたし救われたってことだけは確実。林くん本当にいい人。。。

 

 

・ZZL〜だてさん誕生日ドッキリ(YouTubeの動画撮影)

YouTubeの動画撮影するって聞いた時はもうめちゃくちゃ驚いたよね。え、だって、こんな大きい会場でちっちゃいスマホで撮影するなんて……どれだけの計画を立ててたくさんの練習をしたんだ…ってまず思った。スタッフさんの協力だってたくさん必要だろうし…。ファンのためにここまでしてくれるSnowManって本当に優しくて暖かくて素敵。画面に収まるようにぎゅって固まるSnowMan、可愛すぎましたね…。だてさんの誕生日ドッキリも素敵だったなぁ。オメデトウ!!の文字が浮かび上がる横アリすごい。え、もうこんなの…デビューしてるじゃん( ; ; )ってなりました(笑)でも、その後の亀梨くんからのバースデーメッセージがだてさんにとっては真のドッキリでしたね(笑)本っ当に驚いてるだてさんの表情、可愛かったなぁ。

 

 

・阿部ちゃんのお天気予報コーナー

突然のお天気予報コーナー(笑)びっくりしたけど、1人でコーナーを持って繋いでいる阿部ちゃんを見てめちゃくちゃ感動しました。こんなところにまで気象予報士の資格が、阿部ちゃんの努力が、繋がってるなんて…って。「晴れるでしょう!いぇーい!」のいぇーい!が若干強制っぽかったのも阿部ちゃんらしくて可愛かった(笑)ただ、「夜は危険な嵐が吹き荒れるでしょう」の一言で、は!?え!?!T.A.B.O.O確定じゃん!?!って思ってそこからもう緊張であんまり記憶が無い。

 

 

・交差点 (渡辺くんソロ)

優馬の曲やるんだ…って意外だったけど、めちゃくちゃ合ってた。渡辺くん=歌、っていう自覚とか責任とか覚悟(?)とか色々あるのか無いのかは知らんけど、どんどん歌が上手くなっていく渡辺くんってかっこいいなぁって思いました。あ…でも、バクステで踊るふっかがめちゃくちゃ美しくて、正直最初はふっかのことしか見ていませんでした、ごめん渡辺くん。

 


・Flamingo

フラミンゴの雰囲気って素敵ですよねぇ。シャンパンを飲む振り付けのところの阿部ちゃんが好き。

 


・TABOO (阿部ちゃんソロ)

ついにきたぁぁぁ!( ; ; )目に焼き付けなきゃ焼き付けなきゃ!ってめちゃくちゃ見てたはずなのにほぼ記憶が無くて悔しい。蜂の巣の奥の蜜、で激しめに腰を突き上げる阿部ちゃんにもうやられました。。色気が溢れすぎている( ; ; )しかも声がいいし、歌が上手くなってる。……院卒アイドルやべぇ。

 

2年程前のダンスクでは、

僕は櫻井(翔)君が好きなので、いつか「T.A.B.O.O」とかも歌えたらいいなっていう憧れはありますけど、今はまだそこまで自分が至っていない気がします。

って言っていたので、自分に自信がついたのかなぁって思うとなんか胸がいっぱいになった。それと私は元元担(?)が櫻井くんなので、曲の終わりを本家と同じ大の字になって寝転がる感じにしてたのとか、衣装も本家を想像させるような真っ赤なキラキラ衣装だったのとか、嬉しかったなぁ。とにかく、横アリという大きな会場での初の単独公演でT.A.B.O.Oをやる、と決心してくれた阿部ちゃんのその覚悟や心意気に感動しました。

 


AAO

T.A.B.O.Oでやり切ったのか(?)なかなか起き上がってこない阿部ちゃんがちょっとだけ心配になった(笑)けど、起き上がってから前髪をガシガシとかいて整えるいつものやつをやってて、はぁ…好き…てなりました(単純)肝心の歌のことはT.A.B.O.Oの余韻と衝撃のせいであんまり覚えていないんですけど、声を出せる曲を選んでくれたんだなぁってここでもまた心が暖かくなりました。

 


チラリズム(だてさく)

は!?!だてさくでチラリズム!?!めちゃくちゃ可愛いいい!!!ってなった。さっきも書いたけど、何にでも全力で振り切って世界観に入ることのできるだてさくだから…もう最っ高のパフォーマンスでした!好き!

 

 

Sexy Zone(いわなべ)

セクシーローズからのセクシーポーズが地味にツボでした(笑)可愛いかよ(笑)

 


・勇気100%(あべふか)

いわなべまで歌った時点でもう残りはあべふかだけじゃないですか!?個人的にはあべさくと同じくらい、あべふかの最年少最年長同期コンビが大好きなのでものすごくテンションが上がった1曲です。辛い想いも楽しい想いも割りと共有してきてる2人だと思うし、コンサートの構成とかも2人が中心となって進めているらしいし、そんな2人がちびジュの頃の写真をバックに歌うっていうこと自体がもうめちゃくちゃエモい。はぁ〜、あべふか同期最高。

 


・恋のABO

全部の血液型が揃ってるっていいですね(笑)ABの阿部ちゃんがめちゃくちゃあざとくて、はぁぁ!?!あざと!?!何その可愛いさ!?!ってなった。

 


・ALIVE (ふっかソロ)

ここで、満を持してのふっかソローーー!私は結構本気でふっかは玉ちゃんにそっくりだと思っている上に、阿部ちゃんの次にかっこいい人だと思っているので、かっこいい曲を思いっきりかっこつけてやってくれたのはもうめちゃくちゃに嬉しかった( ; ; )ふっかカッコイイよ~~!( ; ; )

 

 

・VI Guys Snow Man

台宙台宙台宙……!どっかでやるだろうなとは思ってたけど、このラストの場面で台宙を持ってくるあたりSnowManめちゃくちゃ強いな!って思った。1番上を担うふっかが本当にかっこいい。。

 


・EXPLODE

サビになるまで誰の曲か分かんなかった。。けど、ガシガシ踊るSnowManがかっこいいなぁって思いながら見てました。あと、最後の最後でこんなに踊る曲ばっかりまた持ってきて、SnowManの体力恐ろしいな…っ実感した(笑)けど、この1公演に全てをかけてぶつかってるんだなぁって感じられる気迫があって、なんかもう…感謝の想いでいっぱい。

 


・Finally Over

まずイントロを聞いて思ったことは、え…緑無くない?ってことでした(笑)案の定、ラップの部分では阿部ちゃんのパートだけ無くてちょっと寂しくなったけど、ゴリゴリに攻めた曲だからかっこよかったなぁ!

 


・Snow Dream (新曲)

はいきました!スノドリ( ; ; )

ふっかのメッセージから始まって、「プレゼントがあります。新曲、SnowDream」って聞いた時の歓声、凄かったなぁ。あと、イントロが流れてバラードって分かった時にはめちゃくちゃ嬉しかった。SnowManは歌がいまいち、的なことを言われることが多かったから…。がっつり聞かせる系の新曲なんだ…って分かった時点ですっごい嬉しくなった。

そして、6人が白いペンライトを持って登場したら、ステージの上で手振りをやっているのを見て、即座にペンラを白にして手振りを真似し始めるすの担。この時点で、コンサートが始まる前に思っていたすの担さんだけが集まる大きな空間は怖い…っていう思いは割りと綺麗さっぱりとなくなりました(笑)こんなに大きい会場なのにほぼみんな白にペンラを変えてるしすぐ振りを真似し始めるし…。すの担さん素敵じゃん!?!ってなった(単純)

ひーくんが歌い始めて、"岩も溶"かすほど、がモニターに映った時の歓声も忘れられないなぁ。歌詞にメンバーの名前が入ってる=誰も欠けてはならない、ってことでしょ?うっっ、素敵すぎる( ; ; )って思いました。それと、白ペンラで表現された一面の銀世界がめちゃくちゃに綺麗だった…S字を描きながらペンラ下ろしていく振りとか、スタンドから見ると本当に雪が降ってるように見えて…すっごく綺麗で美しい光景だったなぁ( ; ; )涙が溜まって、歌詞とかメンバーとかは正直、ほぼほぼ見ることが出来なかったんだけども、「涙で滲む約束がまだ 果たせない僕だから もう少し傍にいて wow あと少し」の部分だけはなんかものすごい覚えてて。むしろこっちこそ傍にいさせて下さいって心底思った。歌詞をちゃんと知ったのはレポを見てからだったんだけど、それを見てまた感動して…。歌詞についてもそのうちちゃんと書きたいなぁ。最後はまたふっかからのメッセージなんだけど「SnowManとみんなの夢、絶対に叶えてみせるから」の力強い言葉にまたうるっときた。

 

 

アンコール
・背中越しのチャンス
・ラブ・スパイラル
・Lucky Man
Acrobatic

新曲の雰囲気から一転して、思いっきり明るい曲で揃えてきてるあたりもめちゃくちゃ好きだなぁってなりました。これまでの人生であんなに「イケメン!」って叫んだことはないと思う(笑)ふっかが頑張って「開いて閉じて開いて閉じて かいて……!」って全力で叫んでくれるからこっちも全力でぶつかるしかないよね!?!最後、ふらふらになりながらもずーっとかけ声を続けてくれて、本当にふっかって気遣い屋さんだし優しいしみんなのことたくさん考えてくれてるんだなぁって思いました。

 


ダブルアンコール
・ZIG ZAG LOVE

SnowMan恒例の、PAさんの好きな曲かけて下さ~い!ってやつ。やっぱり最後はZIG ZIG LOVEですよね~(笑)ってなってた。ZIG ZAG LOVEにも「開いて閉じて開いて閉じてかいて……!」のC&Rを無理矢理使っててめちゃくちゃ笑ったんだけど、これもまた楽しかったです!!ふっかありがとう!!!

 

 

 

これまでの人生で1番楽しかったって自信を持って言えるコンサートでした!本っ当に楽しかったし、ずーっとこの楽しさに浸っていたいし忘れたくないから、未だに3月25日に戻りてぇぇぇ~!って本気で思う(笑)SnowDreamもSnowManの決意のようなものが感じられて、ファンが諦めてちゃダメだなって強く思った。「もう少し傍にいて」なんて言われなくても、ずっと傍にいたいです。いさせて下さい。もっともっとSnowManが大きくなっていくのを見届けたいし、東京ドームでのコンサートがSnowManのファンでいっぱいになる景色を見せてあげたいし、ドラマの主演だって、主題歌だってやってほしい。新曲が出たらMステに出て、新曲のCMを見たい。

今のJr.を応援していると、舞台もコンサートも既に超満員だから、デビューっていうのが何なのかもはやよく分かんなくなってくる。けど私は「SnowManが好きなんです!」って周囲の人に言ったら「あぁー、SnowManね!知ってる!」ってなるのが夢だから、とにかくたくさんの人にSnowManを知ってもらいたい。SnowManとの夢、絶対に叶えてみせる。もっともっと大きくなって、誰もが知ってるくらい有名になろうね……!( ; ; )素敵な時間と思い出をありがとうございました……!!

 

 

ZIG ZAG LOVE~Acrobatic~Boogie Woogie Babyまでの歌詞における言語表現

 

2018.4.10(火) 20:00

SnowManの新曲、SnowDreamがYouTubeにて公開されました。

 

Snow Man「Snow Dream」(「ジャニーズJr.祭り 2018」単独LIVE in 横浜アリーナ) - YouTube

 

これで公式に(?)歌詞がはっきりしたから、歌詞の意味とか考えていきたいなぁ、って思った。思ったけど、就活生って割と暇じゃなかった(笑)でも、そういや去年、大学の授業にSnowManのオリジナル曲の歌詞の言語表現についてのレポート、本当に提出したなぁ…って思って、さっそく引っ張り出してきました(笑)後々見ると、内容がすごいはてブロっぽい。よくこれで単位取れたな……。別に、言語文化を専門に学んでいる訳でも無いし、ただ単位のために書いた、って感じなのでかなり偏った考えと主観から成り立っているのですが。就活が終わったら、すのどりもこんな感じで書きたいなぁって思ってるから載せちゃう(笑)(はてブロ用?に文末を変えたり、短くしたりしています)

 

 

 

現代の言語表現の中には様々な表現があります。その中でもまず始めに、比喩に着目していきます。比喩には様々な種類がありますが、直喩(simile)、隠喩(metaphor)、換喩(metonymy)、提喩(synecdoche)などが挙げられます。

 

直喩は、物の様子を表現する語法で、「~のようだ」という風に、比喩表現であることを明示するものです。「雪のように白い」、「大理石のように冷たい」というように使われます。

 

隠喩は、ある物事を類似する別の物事を表すために流用する表現法で、直喩とは反対に、比喩表現であることを明示しないものをいいます。「彼は鋼の肉体を持つ」、「彼女は職場の花だ」というように使われます。

 

換喩は、物事の隣接性に基づく比喩で、対象に近いものを使って、省略して言い表す表現です。「白バイが追ってくる」という文章は、白バイのみが追ってくる訳ではなく、白バイに乗った警察官が追ってくる、という意味を伝えようとしている換喩です。

 

提喩は、意味世界における包括関係(類と種の関係)に基づく比喩で、「全体を部分で表す」、「部分を全体で表す」という表現となります。「明日は花見に行く」という文章は「花」という全体で「桜」の部分を表しています。また、「小町」という部分で「美人」という全体を表すこともあります。

 

 

比喩以外にも日本語には、様々な表現方法が存在します。擬人法、誇張法、列挙法、漸層法、対照法、緩叙法、などが例として挙げられます。

 

擬人法は、人間を主語として取る動詞や形容詞が、人間以外のものと結びつく語法です。「鳥が歌う」といった表現は、擬人法となります。実際に鳥が歌詞を歌うようなことはありませんが、鳥が生き生きと鳴いている様子を表すために使われる表現方法です。

 

誇張法は、事物を過度に大きく、または小さく形容する表現方法をいいます。「鬼のような形相でにらむ」などは誇張法といえます。

 

列挙法は同種の言葉を羅列する表現です。

 

漸層法は、異種の言葉において段階をおって並べる表現で、語句を重ねて用いることで徐々に意味を強めていき、感動を高める表現です。

 

対照法は、相反する事物や対立する事物を対照させて、両者の対照的な状態を一層はっきりさせ、強調する表現です。

 

緩叙法は、直接的な主張をせずに、その逆の意味のことを否定する方法で、主張を控えめにする目的で用いることもあれば、強調する目的で用いることもある表現です。

 

また、上に挙げた表現方法をまとめて、修辞法といいます。文章に豊かな表現を与えるために言葉を工夫する方法です。

 

 

 これらの言語表現を踏まえながら、私が好きなアーティストが歌う曲の歌詞について考えていきます。ジャニーズJr.のSnowManというグループの曲で、オリジナル曲が全部で3曲あるため(※2017年の歌舞伎終わり時点で)、その曲の歌詞について考察していきます。

 

(本題までが長い…。笑)

 

 

 1曲目はZIG ZAG LOVEという曲です。まず、始めに歌詞を見ていきます。

 

Kiss & Cry 涙も唇で拭おう

その笑顔が Ah Ah 輝くその日まで

 

そう Tell me Baby girl 諸行無行な世界

キミは何を探すの?

教えてあげよう ボクの秘密の暗号

内緒だよ キスで塞ごう

 

走り出すにはまだ足りないスピードが

ボクの心を燃やして

誰だって強くはない けど弱い訳じゃないんだ

さぁ立ち向かおう

 

彷徨う ZIG ZAG,ZIG ZAG LOVE

キミとほら ZIG ZAG,ZIG ZAG LOVE

遠回りしても見つけよう宝物

 

Kiss & Cry 涙も唇で拭おう

その笑顔が Ah Ah 輝く Ah Ah

その日を捜すんだ

 

2人のLove & Soul

夢が溢れる世界へと連れてく

きっと ボクらがいつも

今 近くにいるよ 抱きしめて

 

ZIG ZAG ZIG ZAG LOVE

ZIG ZAG ZIG ZAG LOVE

 

最初の“Kiss&Cry”は対照法が利用されていると感じました。キスと涙と、全くの別のものを利用することで、インパクトを付けているのではないか、と考えます(すみません、ただの主観です)。そしてKissとCryは次の、涙、唇にも繋がっているとみられます。また、フィギュアスケートキスアンドクライにもかかっているのではないかとも考えました。キスアンドクライとはフィギュアスケートの大会で、演技を終えた選手とコーチが採点の発表を待つための場所です。採点の結果を目にして抱き合って喜んだり、失意の涙を流すことからとも言われています。(三省堂 大辞林参考)

 

“教えてあげよう ボクの秘密の暗号”という部分は倒置法を使い、秘密の暗号というフレーズを際立たせようとする意図があると考えられます。実際に、この歌詞の部分の振り付けでは、指でアルファベットを表現し、暗号のようなものを伝えようとする動きが付けられています。

 

“走り出すにはまだ足りないスピードがボクの心を燃やして”の部分は、隠喩と誇張法が使われていると感じます。スピードには物を燃やす効果はありません。また、実際に心が炎をあげて燃えることもありません。そのため、スピードが心を燃やす、ということは実際の現象としては有り得ない、ということになります。隠喩と誇張法を使うことで、心が燃え上がるほど鼓舞している状態を表現しているのではないか、と考えられます。その鼓舞した状態の心が、次の歌詞の“誰だって強くはない けど弱い訳じゃないんだ さぁ立ち向かおう”に上手く繋がっています。前向きな様子がよく伝わってくる表現です。

 

 “遠回りしても見つけよう宝物”という部分にもまた、倒置法と隠喩が使われています。宝物、を強調させるためにまず、倒置法が使われています。そして“宝物”と歌詞にはありますが、本当に宝物を探しに行く訳ではありません。歌詞を2人の恋愛の曲と捉えるか、ファンとアイドルとの関係性の曲と捉えるかで、宝物の捉え方も変わってくると感じますが、純粋に2人の愛を表しているのか、それとも彼らのデビューを宝物と表現しているのか、といった可能性が考えられます。隠喩には、言葉に多くの意味の可能性を持たせるような効果があるのではないでしょうか。

 

 最後の方には“Love & Soul”という歌詞がありますが、これは途中で何度か出てきた“Kiss & Cry”と対照となっています。ここでも対照法が使われています。

 

 

続いて、Acrobaticという曲について考察していきます。まずは先程と同様に、歌詞を見ていきます。

 

Let's Go

 

Acrobatic Love そうさキミと Far and high

釘付けにした Shine (Hop step jump)

誰も知らない 恋の魔法を今夜

見せてあげようか just follow me

 

Don't give up そうさ

迷わずにBelieve me Baby

キミがほら 望むのなら

夜空さえ Don't worry Yes,We can fly

 

※Baby Do it Do it 恋はアクロバティック

飛び込まなけりゃ そうさ 始まらない

Spining Dancing through the night.

さあ この手を So Baby 放さないで

どこまでも Ah

making making love yeah  making making love yeah

飛び出そう Tonight

Love Last Night

 

見つめ合うたび My heart

So, I can feel it 鼓動が高鳴る

キミが信じるのなら

大空さえ 越えて行けるよ

Just you jump!

 

※繰り返し

 

 

“Acrobatic Love”や“恋はアクロバティック”は、隠喩であると感じました。恋=アクロバティックということを伝えたい訳ではありません。アクロバティックとは、曲芸のようであるさま、軽業的、という意味です。このようなアクロバティックの意味から、まるで、軽く飛び跳ねるような、わくわくするような恋、を表現するために利用されている単語であると考えます。

 

“誰も知らない 恋の魔法を今夜 見せてあげようか”の歌詞の部分は修辞的疑問が使われているのではないでしょうか。歌詞の続きがjust follow me(ただ私についてきてください)となっています。この前後の文の関係を考えると、疑問文に見えながら、既に答えは誘う側の中では決まっている、という修辞的疑問といえるのではないかと考えられます。見せてあげようか、という疑問であるように見えるが、ただ私についてきてください、と続くため、誘われている相手には、ついていくかいかないかを選ぶ余地がないように感じます。

 

“キミが信じるのなら 大空さえ 越えて行けるよ”の部分は誇張法が使われています。キミの信じる気持ちが、大空さえ越えていけるほどのパワーになる、ということを伝えようとしていると考えられます。この曲もまた、先程の1曲目と同様に、恋人関係の曲と捉えることもできます。また、ファンとアイドルの関係の曲であるとも捉えることもできます。

 

 

 最後に、Boogie Woogie Babyという曲について考えていきます。始めに歌詞を見ていきます。(長いね…めちゃくちゃ長い。でもこれで終わりです…!)

 

Yeah… C’mon, Let’s go

Oh… Just bring it on

 

Now everybody, Boogie Woogie, Here we go

世界を染める Falling snow

全て真っ白に Paint it up, Paint it up

今すぐ 飛び立てるのさ Like a butterfly

(Here we go, We can fly away)

 

心配なんてないよ Don’t you worry now

恐れない Cuz we can fight it out, fight it out

この街角で 君と見てた夢 譲れない

I know you feel it too, yeah

Deep in my heart 燃え上がる Fire 今も消えない

追いかける Destiny 終わらない

I’m gonna show you how we do

 

※So everybody, Let’s Boogie Woogie Baby

今すぐ行こう C’mon, Let’s go

たとえ ムリヤリでも 切り開くよ Just bring it on, Hey

怖いものは無いよ Ah

C’mon 言い訳してないで We can make it out

So Boogie Woogie Baby このまま行こう C’mon

Let’s get the Boogie on

Here we go

 

Are you ready? C’mon

綺麗事だけじゃ語れない 僕らの世界

だけど今日も 夢に見てた 明日を追いかけよう

 

※繰り返し

 

Oh… Let’s get the Boogie on

Oh… C’mon baby… C’mon baby…

 

 

“世界を染める Falling snow

全て真っ白に Paint it up, Paint it up”

の部分は対照法が使われているのではないでしょうか。世界を染める、と、Paint it up, Paint it up、が対照で、Falling snow、と、全て真っ白に、が対照になっていると感じます。

 

“今すぐ 飛び立てるのさ Like a butterfly”の部分は倒置法と直喩が使われています。蝶のように今すぐ飛び立てるのさ、という文章に工夫を加えることで、このようにインパクトのある歌詞が完成したと感じました。

 

“燃え上がる Fire 今も消えない

追いかける Destiny 終わらない”

の部分も対照法であると感じます。“綺麗事だけじゃ語れない 僕らの世界”には倒置法が使われています。

 

また、この部分には、心配なんてない、恐れない、譲れない、消えない、終わらない、怖いものは無い、言い訳してない、などの、〜ないという言葉の言い回しが多用されています。心配や恐れなどといったマイナスの意味を持つ単語の否定を連続させることで、前向きに立ち向かう強い意志を感じさせる効果をもたらしているように感じます。

 

 

歌詞を見ていくと最後に考察をした曲は、先に考察した2曲とは違って、恋人関係の2人の曲でもなく、ファンとアイドルとの関係性の曲でもないように捉えられます。まるで、彼ら自身が、自分自身に強く言い聞かせ、今の状況でもがきながらも前向きに立ち向かっていくような歌詞であると感じました。

 


はい、以上です!いつか載せたいと思っていたので、もうかなり満足(ただの自己満足)

 

すの単独のことも、書こう書こうと思ってるけどまだ書けてないから、のんびりでもいいから書いておきたいなぁ。もう本っ当に最高の時間だったから、この気持ちは絶対に文章に残しておきたい。めちゃくちゃ感動したとしても、記録として残しておかないと将来的に忘れてしまう自信しかないので。(え)

 

でも、いつでもYouTubeでSnowDreamを見られるのは本当に有難いなぁ。すの単独の時の記憶とか風景とかがちょっとだけよみがえってくる。はぁーーー、SnowManのこと好きになれてよかった。

 

 

院卒のアイドルがタイトルを奪い取る

 

阿部亮平くん、

大学院卒業おめでとうございます!

 

自担がジャニーズ初の院卒アイドルになりました。

 

2016年2月26日(金) お昼頃にTwitterで、日刊スポーツニュースが流れてきて、「阿部亮平 上智大学大学院理工学研究科へ進学を明かす」って記事が流れてきてから早2年。院に進学するなんて、私は頭の片隅にもそんな考えが無かったから、めちゃくちゃ衝撃的なニュースだったなぁ。でも、ちょっとほっとした気がする。当時、大学卒業のタイミングが不安すぎて周りの阿部担と阿部ちゃんの行く末について語り合った日もあったし、普通に就職した方が幸せになれるんじゃないか…っても何度も考えたりして(勝手に)。   そんな時期だったから、あっ、まだ阿部ちゃんは学生なんだ!てことはSnowManにいてくれるよね!?!って安心した覚えがある。

 

 

今は、もう…ほんと…無事に卒業出来て良かったねぇ…って気持ちでいっぱいです。雑誌とかでも「修論に追われている」というような発言が多くてしかも、「間に合わなかったら卒業が少し後になるかな…」というようなことも言っていて、大学を卒業する時はそんな保険をかけるような発言は無かったので、大学の卒論とは比べ物にならないほど修論って大変なのかな…って思ったり。さく日常の自撮りお写真に写っていた阿部ちゃんのクマがなかなかにひどくて、割りと本気で修論のことだけでなく、体調のことも心配になったり。でも、こっちが勝手に心配しているだけなのに「大学卒業の時はファンの人に心配をかけちゃったから」って雑誌で気を使ってくれて…。うっっ、優しすぎる……。

 

……話が多少逸れてしまいましたが、無事に卒業をすることができて、それを本人の口から直接聞けて、本当に嬉しかったなぁ。あの!あの予約の取れない焼肉屋と言われているSnowManの膨大な仕事量にも関わらず、ストレートで大学院を卒業するって本っ当に凄いし、努力の賜。私は「阿部ちゃん天才!」とか結構簡単にすぐ言っちゃうんですけど、そんな簡単に「天才!」って言葉でまとめていいものではないなっても感じた。私みたいな凡人なんかには考えられないくらいの努力に努力を重ねてきたんだろうなって。今の阿部ちゃんがあるのは全部全部、阿部ちゃん自身の努力の積み重ねの証。

だから、卒業式に出られたってレポを見て知った時は、本当に安心したなぁ。大学院に行ったからこそ掴んだお仕事や強みだってたくさんあると思うんですよ。やっぱり大学院在学中のジャニーズJr.って肩書きは強いと思う。学業、って阿部ちゃんの努力の結晶だと思うから、祭りに出て欲しい気持ちもあったけど、でも卒業式も絶対に出てほしくて。そう思ってたら、まさかの大学院の卒業式に出てその後、祭りには途中から出演するっていう、おたくの想像の斜め上を行く阿部ちゃん(笑)「学生の自分にケジメつけてきます」なんてかっこよすぎる。凄すぎる。最後の最後まで学業と仕事を両立させて、すのーまんを選んでくれて、本当にありがとう( ; ; )( ; ; )

そして、「ジャニーズ初の院卒アイドル」って、色んなネットニュースで発表してもらえたのも嬉しかったなぁ。学生ではなくなったら、今より多少は時間に余裕も出るから、これからどんな風に学んで知識を蓄えていくんだろう…って考えるとわくわくしてきます( ˊᵕˋ )これからの阿部ちゃんのこと、SnowManのこと、ずーっとずーっと応援していきたいな。

 

 

 

あーー!でも、やっぱり、院卒業したばっかりの阿部ちゃんが登場した回の合同公演も行きたかったなぁーー!(笑)こんなちゃらんぽらんに生きている大学生なんですけど一応サークルの代表なので、先輩の卒業式に行かなきゃいけなくて…予定的に無理だったから、最初から諦めるしかなかったんだけど……行きたかったーーー!(笑)いや、「いないかな…とは思っていたけど、やっぱり実際に登場した時に阿部ちゃんがいないとショックを受けた」って阿部担さんもいるだろうから、簡単に、「行きたかったーー!」なんて言っちゃいけないんだろうけど…。でも行きたかったな。みんなに祝福される阿部ちゃんの姿、しっかりと見届けたかったなぁ。

 

 

ガムシャラ京都旅の遭遇情報が出た時に、神宮寺と安井と京本と、あともう1人誰かいる!誰か分からない!(笑)って言われるくらい知名度が低かった阿部ちゃんだし、なんなら一時期アメブロでファンの方がやっていたSnowManの人気投票(?)的なやつでぶっちぎり最下位を取ってたくらい人気もあまりあるとは言えなかった(ごめんなさい)阿部ちゃんが、気象予報士の資格を取って、院にも行くことになって、クイズ番組にも出て、全部全部自分の努力でお仕事を掴んで、SnowManっていう名前と、阿部亮平っていう名前を、世間に広めて行くその姿が本っ当にかっこよくて…

恐らく、Jr.の中で誰よりも時間がなくて忙しかった中でも、SnowManのために!ってお勉強を頑張って、色々な番組に出て名前を広めて……そんな阿部ちゃんが無事に院の卒業式にも出て、コンサートにも出て、って最後の最後まで学業と仕事の両立を見事に成し遂げて…

そして、コンサートの途中から横アリに登場して、その日1番って言っていいくらいの歓声を受けて祝福されてる未来があるなんて……あの時は誰が想像できた!?!4グループものファンが集まっている中でも、緑のペンラで皆さんから祝福されるなんて、もう感激( ;  ; )その事実だけでもう十分すぎるくらいに嬉しい( ; ; )

 

大学院卒業、本当におめでとうございます!SnowManの未来に、阿部ちゃんの未来に幸あれ。

 

本当はSnowManの単独公演のこともちゃんと今の気持ちを残しておきたいんだけど、まだ、すとのお誕生日フライング事件のことがもやもやしてて(いつまで言ってるんだよ!って思われるかもしれないけど)。別に、誰が悪いとかそういう訳では無くて、多分私個人の生きてきた背景とか性格の問題だと思うんだけど、元々ちょっと苦手で…それが今回のことで、今まで溜まってた気持ちが溢れて爆発してしまって、全っ然まとまらないから、まとまってから書きたいな。

 

でも、SnowManの初の横アリでの単独公演、最っ高に幸せな時間でした。

 

 

2017年現場まとめ

 

いやぁ〜、もう2017年も終わりですね。早いなぁ…ということで、地方住み田舎の大学生(すの担)の現場まとめです。まとめっていえるほど大したものではないんだけども、自分の記憶の片隅に残ってる部分だけでも備忘録として残しておこうかなぁって思って。

 

 

 △1月編

 

  • カウコン2016-2017

これが人生初のカウコンでした。まさか当たるなんて思ってなかったから、色々と手配に焦った記憶が強いなぁ(笑)宇宙sixが出てきた時、SnowManと同じ6人だからって、「おっ!?もしかしてすの!?!?」って防振から必死に覗いた気がする…

あと、ムービングステージに乗ってNOROSHIを歌う関ジャニ∞が最強だな!!って思った。テレビでいつも観てた光景が目の前にあって、ほぼ全デビュー組のジャニーズがそこにはいて、一緒にカウントダウンして一緒に年を越せるって、ちょーーー幸せだなおい!って感じたコンサートでした。

 

  • 舞祭組ハイタッチ会

元担が地元に来るってよ!ってことで軽率に行ってきました。当日は高校の同窓会でヘアメの予約とか入れてて時間ギリギリだったんだけど、そんなのお構い無しに行ったよね←だって、元担とハイタッチできるから(軽率)

寒空の中、朝早くから並んで結構な時間外で待って、登場した舞祭組ちゃんを見た時はなんか嬉しかったなぁ。しかもファンは暖かい服装をしているのに、舞祭組はあのペラペラのいつものスーツ。体張ってるなぁ。

肝心のハイタッチはあまりにも列の流れが早すぎて何も言えない上に、寒すぎて手の感覚があんまり無かったので、「〜くんの手が大きかった♡」とか「暖かかった♡」とか正直さっぱり記憶にありません。元担とハイタッチ達成っていう謎の達成感に包まれて終わりました。行ってよかった。

 

  • ジャニアイ

はい、ここでやっとこさ自担の現場〜~!SnowManがめちゃくちゃ酷使(?)されてるってのは聞いてたけど、想像以上に皆勤賞で衝撃的だった記憶が(笑)しかも、お芝居の面で、とかじゃなくて体にもろに負荷がかかるようなアクロバットやフライングの面において。SnowManが信頼されてる証拠だし、アクロバットを売りにしてるから当然っちゃ当然なんだけど、至るところにテーピングが貼られて、それでも卒なく舞台をこなしていくSnowManを見ているのは、なかなかに辛かった。

でも6人でのフライングなんてSnowManにしか出来ないだろうなって思ったし、新体操もSnowManがいなかったら成り立たない演目じゃない!?ってくらい大活躍だったから、さすがSnowManだなぁ!っても思わさせられました。

 

 

2月編

 

いや〜~、めちゃくちゃ並んだ!!(笑)人生でこんなに並んだことないな!!!って思うぐらい並んだ。テスト前だからって、レジュメが入ったファイル片手に必死にテストの範囲の内容を覚えながら傘さして並んでた、1人で。

いやーー、ほんとね、中に入っても待ち時間がひたすら長いから、とにかく「並んだ」「待った」って記憶が強すぎる(笑)でも、長い時間を経たぶん、A.B.C-Zに会えた時の喜びは大きいよね。列が進むのも意外とゆっくりだったから、ちゃんとハイタッチできたはず(※舞祭組比)。

あ、あとどうしても「SnowManをバックに付けてくれたことに対してお礼を言わねば!(謎の使命感)」って思って、1回目に並んだ時にふみきゅんが最初にいたんですけどハイタッチのちょっと手前あたりから「SnowManをバックに付けてくださってありがとうございました!!!」って………言った。そう、、手前あたりからちょっとフライングして、お礼を言いながらのハイタッチ(笑)しかも、なかなかはっきりと大きな声で(笑)私、本人を目の前にしたらこういうこと言えない人だと思ってたんですけど(舞祭組ハイタッチ会の経験上)、「意外と言えるじゃーーん!」って自分にびっくり。そして、ふみきゅんからは全力の苦笑いを頂きました。………困らせてすまねぇ。

1回目の反省を踏まえて2回目は謙虚にいこう!って思ってシンプルに「お疲れ様でした!」にしたんだけど、塚ちゃんが「全然疲れてないよっ!」ってマッスルポーズしてくれて、今まで長時間並んで待ってた疲れとか全部ふっとびました。塚ちゃんやばい。キラキラのアイドルすぎた。てか、えびさんみんなお顔がスーパーハイパーウルトラ可愛くて…幸せな1日でした。

 

 

3月編

 

  • ジャニーズJr.祭り

これは、チケット全滅でTwitterで必死に探して、同行させて頂けたっていう思い出。一緒に観光してくれる歳が近い人っていう条件で同行させて頂きました。まさか初めましての人と同行して、横浜観光までする日が来るなんて思ってもなかったよね(笑)でも、想像以上に楽しかったし、Jr.祭りも楽しめたから結果オーライ。

コンサートのことはあんまり覚えてないんだけど (え)、突然闇突きが流れてきて、突然上裸になって、突然バスケが始まって、しかもトランポリン2つに増えてて、もうなんか……カオスwwwコンサートで闇突きやるのかwって思った。けど、闇突き大好き人間(てか、少年たち1幕の劇中歌大好き人間)だから実は結構嬉しかったです。

 

 

4月編

 

  • ジャニーズ大運動会

まさかの当選でびっくり。SnowManは出ないけど、ジャニーズが好きだから軽率に行ってきました。想像以上にJr.の活躍が素晴らしくて、てかJr.の運動会!?!って思うほどで…デビュー組、正直あんまり競技に出てなかったよね…?(小声) なすゆとのバッテリーにめちゃくちゃ感動&うみちゃん可愛ええええ!って思った記憶。

 

  • 滝沢歌舞伎2017

人生初の桟敷席!ちょっとだけ貴族になった気分でした。上手側の前の方だったから、いにしえの阿部ちゃんがよく見切れたなぁ(笑)あと、御膳が豪華過ぎて衝撃でした。幕間にお刺身が食べられるなんて素敵♡

傾き踊りは上手側に入ると、阿部ちゃんが女性ダンサーさんと一緒に刀を持って、向き合い微笑む表情が見られて「うわぁぁぁ!好き!!」って毎度毎度なるポイントでした。あとお丸さんにアピールする菊三さんが天使すぎた。何あの人…あざとさのプロ 

 

 

5月編

 

  • 滝沢歌舞伎2017

5月も引き続き滝沢歌舞伎です。人生初のSnowMan結成日公演に入ってきました!何かお祝いの一言とか意気込みとかあるかなって、地味に期待してたからあまりにもスタンダードに終わってちょっとだけ物足りなく感じてしまった……。

でも!この日はお昼から夜までずーっとすの担のお友達と一緒にいて、出来てからまだ間もない銀座sixなんかに行っちゃったりして、途中で《ブギウギの時にカメラ入ってる》なんてツイートを見かけて、「結成日にデビューしちゃうんじゃない!?!」ってはしゃいだりして(結局カメラは入ってなかったっぽいね?)、すの担のお友達が少ない私にとってはめちゃくちゃ楽しかった1日でした!本当に楽しかった!結成日最高!(?)

 

 

6月、7月編

 

現場なし。あ、でもクリエの当日券のために東京行きました。そしたらまさかの初めて並んだ当日券の列で番号が呼ばれてね。「おっ!ここで呼ばれたならギリギリ入れるんじゃない!?」って時に呼ばれたからちょっと期待してしまったんだけど、まさかのPON!!さんの取材日と被り、普段より入れる人数が少なかったっぽくて……私の1人手前で入れませんでした~〜。無念。来年こそって思ったけど、絶賛就活中なので厳しいっすね、再来年こそは…!(あるか分かんないけど)

でも個人的には、沢山の人と会えて、しかも美味しいご飯も食べられて!めちゃくちゃ楽しかった思い出です!絶対に昼夜の間で1人で暇になるだろうなぁ…って思ってたのに、暇な時間なんて全然無くて、みんなにお世話してもらって田舎者は幸せでした♡笑

 

 

 △8月編

 

  • キントレすの

念願のSnowMan単独〜~( ;  ; )すのクリエに入ったことがないもんで…人生初のすの単独公演!もう、、めっっちゃくちゃ楽しかった!!!!!まず、セトリが最高だし、すの紹介のオリジナルラップも聞けてC&Rも出来て嬉しかったなぁ…!

色々楽しかったけど、何が1番楽しかったかって聞かれたらやっぱおジャ魔女どれみだわ…!って思いました。あれを越すものはない気が(笑)おジャ魔女カーニバルのC&Rの声量がデカすぎて、それ聞いて転げ回って(?)大爆笑する阿部ちゃんも最っ高でした。可愛い。プリキュアはもうちょっと下の世代、っていうさっくんのお言葉も、余りにも的確な指摘すぎて笑ったなぁ(笑)

あと、浮世艷姿桜のあべさくも良きでした。あべさくのアイコン&微笑み見てるだけでこっちまで幸せになれるし、あべさくがお互いに腕を伸ばすけど、伸ばして伸ばして伸ばしてあぁー!もうすぐ腕が交わされる…!って思った瞬間に、腕が交わされずにはけていくのがめちゃくちゃ儚くて美しいよね。あーーー、好き。

MCでは、「~でさ、~でさ、~でさ、〜よね!」って一生懸命話す阿部ちゃんが可愛すぎて愛おしさでいっぱいになるし、「だてさん台本の漢字読めなかったじゃん!!」て反撃する阿部ちゃんがめちゃくちゃ笑ってていたずらっ子な顔してて良きだったし、ちょーーー末っ子感に溢れてた。゚(゚´ω`゚)゚。言ってやったり〜~!な顔してる阿部ちゃんめっっちゃ可愛かったし、阿部ちゃんの発言のせいで(?)ちょっぴりおバカなだてさんがバレかけてしまっただてさんを守ろうと、ふっかが即座にだてさんの前に飛び出してきたのも最高でしたwあとは、大富豪とか人狼とか遊戯王とかおジャ魔女どれみとかのネタの話に楽しそうに参加して、誰よりも大爆笑する阿部ちゃんがただの大学生すぎて良きでしたね好き。あ、でも大富豪の話の時のお客さんの反応があんまりよろしくなかったからって、「え、ちょっといい…?大富豪分かるよね…??」って優しく聞いた阿部ちゃんは、絶妙に上から目線を発揮しててナイスでした。

あとは、ふっかの肌が白すぎて指は細くて手のひらは薄くて、朝イチのふっか美しいわぁ…って見惚れてしまったことと、PSYCHOの時に阿部ちゃんがマンション1階から滑り落ちた(?)時はかなりヒヤッとした…って記憶がとても強いです。まとめると、ちょーーーーー楽しかった!!(雑)

 

  • キントレすのすと 

正直、すのすと合同でやる意味ある…?って思ってしまった公演。もっとシャッフルとか見たかったなぁ…っていうおたくのエゴが溢れます……。時間なかっただろうし忙しかったんだから仕方ない、その中でもファンにしっかりと見せられるものとして仕上げて完成させてきてくれたことに感謝かなって思うことにしようとしました(無理矢理)

でも!あんなに「バスケいらない。まだやるの…?」って思ってたバスケだったけど、バスケのユニフォーム姿でのすのすと横並び12人のMCは最強にかっこよかったし、バスケでノーミスが出た時は、いや、高校生かよwwwって思うくらいめちゃくちゃはしゃいでて可愛かったし、みんなステージ上を走り回って、最終的に真ん中に集まってわちゃわちゃして、ワーーー!ってなってるのを見てこっちまでテンション上がって嬉しくなりました。あんなにバスケいらねぇ言ってたのに、あれ…?バスケいいな…!?!って思って、自分のチョロオタ具合を再認識。

あと、亀と山PメドレーとLOVEは沸いたよね!LOVEはすのすと担全員が好きだと勝手に思ってる。早く少クラでやっておくれ〜~。

あと、デイブレのあべゆご2人のラインダンスでは2人とも体が硬いからって全然足上がってないのも可愛いし、その後に2人してバテてるのもめっっちゃ可愛いくて、、一緒にラインダンスやりてぇ!!!

あと1番笑ったことは、紹介ラップでふっかが紹介されてる時にふっかがお客さんの方に向かってウインクめっっちゃするけど、その時に阿部ちゃんが「ないわ~」って感じで顔の前で左右に手振ってたのに対して、だてさんの紹介の時は両手を胸の前で繋いで、キラキラした目でモニターを崇めていたことです。さすがだてさん大好きマン……。

 

  • 橋パラ

…………はっしー痩せすぎ!何あのサングラス!?!っていうのが正直な感想です。はっしー自身はソロコンのために絞ってるらしいけど、頬こけてしまっててちょっと怖い……。ほっぺ戻ってこーい!って思った。あと、MCが緩すぎて驚きました!友達かよ(笑)他はあんまり覚えてないです…(小声)あっ、らぶ可愛かったなぁ♡でも私はらぶの美勇人くんよりも、とらじゃの美勇人くんの方が個人的に好きだから(踊っててほしいから)、とらじゃのキントレペンラを白にしてずーっと光らせてました。これくらいかなぁ…、えっっ本当に覚えてない、内容薄っぺらいな。

 

  • キスマイ宮城

とらじゃがめちゃくちゃ可愛かった!!!

舞台とかでは見てきたけど、とらじゃのことをコンサートではあまり見たことがなくて。Supernovaとso CrazyをJr.祭りぶりに生で見れてめちゃくちゃ感激したなぁ…!!しかもキスマイのオーラスだったので、美勇人くんがとらじゃとして踊る最後の日。もう……途中から泣きそうになるよね。本っ当に踊りが激しくて、魂がこもってるなぁって、自然と涙が溜まってきてしまうくらい美勇人くんのダンスに感動しました、ありがとう!

対して、かくれんぼの罰ゲームでは、膨らむバルーンから1番離れたところでちょこんと体育座りしてる美勇人くんがが可愛すぎた。長身めのジャニーズがちょこんと体育座りしてるのほんと最高に可愛いしずるいですよね。

あと、かくれんぼできょろきょろ周り見ながら一生懸命キスマイを探そうと頑張ってるちゃかちゃんが可愛すぎてずっと見ていたかった。近くに来た時に、あっ、結構ちっちゃい…(失礼)って思ったし、目もくりくりしてて本当に可愛いかったです。

あ、うみちゃんは安定に可愛かったです!バンダナを頭に巻いてうさぎさんみたいになってるのが、最っ高に可愛くて……天才だね!あと、いつだかトラジャがはけていく時に、足元にあった照明にぶつかった(?)かなんかして、「誰だ!?壊した!?(笑)」って声がキスマイから上がってすぐ全力の地声で「すみませんでしたっっ…!!」って謝るうみちゃんも可愛かったです。

ひとつだけ個人的に残念だなぁ…って思ったのは、メンステの4本の柱。センステで踊るトラジャが見たくて双眼鏡で追ってても、ところところで柱に被って見えなくなるのがすごくストレスで、あぁ!💢もう💢柱邪魔だよ…!!💢って何度思ったことか。。。

あと、特に印象的(?)だったのは、Jr.のわちゃわちゃMCと橋パラのゆるゆるMCを聞いた夏を終えた後だったから、レギュラー番組のお知らせ(系列局まで全部言う)とかドラマの番宣、CMの話とかが盛り沢山なことが新鮮でした。デビューってこういうことか…ってなった。SnowManにももっと大きなところでコンサートやってほしいなって思ったし、世間にもっともっと見つかってくれ!っても思いました。

 

 

 △9月編 

 

  • 少年たち

少年たちの時期がやって来ました!秋ですねぇ。私は少年たちの1幕の劇中歌大好き人間なので、 1幕だけで結構な満足感が強かったです(笑)

少年たちの1幕の劇中歌のダンスってターンとかシェネとかアントルラッセ的なものとか、そういうバレエっぽい技とか伸びやかさを表現する動きがたくさん入っているので、SnowManを見てるととてもとても楽しくて…!SnowManは小さい頃から、何かしらバレエやダンスや体操などをやっていたメンバーが揃ってるから、基礎が出来ててめちゃくちゃ動きが綺麗…!好き!ってなります。

あと、マカコとかバック転とかする度に、中の黒タンクがめくれて、ジャケットも脇あたりまでめくれてて、その度に直してる阿部ちゃんが可愛かったなぁ…。

2幕は戦争色が強くてちょっと、うっ…って思うところもあったけど、ふかほく防空壕のシーンとか特にリアルで「戦争を現代にまで伝える」っていう意味でいうとすごい良い舞台だったなぁって個人的には思いました!

てか、ふかほく兄弟めちゃくちゃ可愛いかった。。約束のうたが無いのは寂しいけど、心のシャッターのくだり可愛すぎませんか…?2人まとめてギュって抱きしめてあげたくなる程の可愛さ……。

あとは、なんと言っても新曲ですね!VI Guys SnowManの阿部ちゃんの髪かきあげるのがめちゃくちゃオスみに溢れててかっこよかった…。そして勿論、髪かきあげるのも良きなんだけども、そのちょっと前に髪をくしゃくしゃって気だるそうにかく仕草にも、心がめちゃくちゃぎゅんってしました…ずるい…ちょーーーかっこいい!!!

お芝居に関しては、表情の変化が圧倒的に豊かで、見てるこっちまで楽しくなってきたり、逆に切なくなってきたりするから、阿部担って楽しいなぁ…阿部担で良かったなぁ!って改めて思いました。

 

  • えび宮城

 えびコンめっっちゃくちゃ楽しかったです(;_;)すごい幸せな空間で、5周年おめでとう~〜!(;_;)って心の底から温かくなるオーラス公演でした。

はっしー登場した瞬間、銀髪になっててすっごいかっこいい!って思ったし、ほっぺも橋ソロの時よりあったし、腹筋もほねぼねしい感じじゃなくていい感じに付いてて、めちゃくちゃ好きなビジュアルで!!

塚ちゃんはまだ怪我が治りきってないから松葉杖だったけど、4人がパフォーマンスしている横で「頑張れ頑張れA.B.C-Z!!頑張れ頑張れA.B.C-Z!!!」って応援してる塚ちゃんがいつもの塚ちゃんのように元気でちょっと安心しました。

あと個人的には、アメブロ時代から仲良くしてくれてる同い年の橋担と塚田担に会えて、ちょっとだったけど話せて、それが嬉しかったなぁ。

とにかく!心が温かくなるコンサートでした!えびさんのコンサートってやっぱ楽しいし、雰囲気がめちゃくちゃ好きだなぁって思いました。えびさんのコンサートはずっと行き続けたい!

 

 

10月、11月編

特になし。本っ当に何もなくて、少年たちLIVEと少年たち松竹座のレポで生きてた。

 

 

12月編

 

  • すの湾岸ライブ

きました!湾岸!

SnowManもファンも念願の冬の単独コンサート( ;  ; )嬉しいですねぇ!私は四季の中で冬が1番好きなので、より一層嬉しかったです…!

 Ⅵ Guys SnowManの2番は初めて聞いたし見たけども、いつも以上に阿部ちゃんがオラオラしててかっこよかった〜~!あと、ZZLで腹チラしようとしても衣装上手く上げられなくてチラッてなんなくて1回下見てちゃんと確認してから、テヘッ(照)て感じで控え目に腹チラしてたのも可愛すぎました。

あと!WHITE WORLD!KAT-TUNを通って来ていない部類なのでWHITE WORLD知らなかったんだけど、歌詞と振付と曲の世界観がすっごくキレイでめちゃくちゃ好きなやつだったから映像化してほしい……。てか、全部映像化してほしいよね。売ってくれ!言い値で買う。

MCに関しては、MCの最初でペットボトルのキャップが開けられなくて「これちょっと開けてもらってもええかぁ?」って客席の方に差し出すふっかがめっっちゃふわふわしてて良きでした(もちろん自分で開けてたけども)。

他にも、さっくんが突然「10ポイント!(ポイントの発音は英語風)」って言い出してその後も「yeah!」とか英語で喋っててふっかに「今日英語でいくの?笑」って聞かれて「yeah!もちろーん!(英語風)」って言うさっくんに対して、ちっちゃい声で「I’m sure.Of course.だろ…」って呟く阿部ちゃんの英語にときめいた…。

他のMCだと、

だてさんの発言にツボる阿部ちゃん見て、

(`ё´)「あべ本当俺のこと好きだよね」

(*゚ヮ゚)「めっちゃ研究してる!」

っていうのが良きあべだてでした。

っていう、阿部ちゃんがだてさんのこと好き好きーー!って感じだったのに…それに対して………。だてさんが舘様レイディーズのこと呼ぶ流れになった時に、

(`ё´)「じゃあ、ヒールの音をなびかせて……」

的なこと言ってたんだけど阿部ちゃんが、

(*゚ヮ゚)「響かせてだね」

って地味に即座に訂正を入れてるのは笑ったw辛辣かよwさっきとの落差(笑)(笑)って思いました。

 それと私はクリエに入ったことがなかったので、念願の阿部ちゃん先生だった訳ですけど、「あべちゃん先生~〜!」の掛け声と「はーい!」の出欠確認ができただけでもう……めちゃくちゃ幸せでした!!!(※まだ問題始まってない)  あと、想像以上に阿部ちゃん以外のメンバーがおバカでめちゃくちゃ笑った。多分、隣の人にご迷惑をお掛けしてしまうくらい笑った。本っっ当に楽しくて、あーー、腹筋鍛えられたなぁ!って思いました(笑)

あと夏ぶりの、じゃなくて、も相変わらず可愛かったなぁ♡でもそれ以上に、蝶!さっくんの!蝶ですよ!去年のクリエで蝶をやったっていうレポ見てからめちゃくちゃ見てみたくて、今回の湾岸のレポみてさっくんのソロが蝶って知ってすっごい楽しみにしてたんだけど、前奏のダンスが1番好きでした!初っ端のカリプソが美しすぎてもう…あれはさっくんの世界観に引き込まれたよね…さっくんの表現力ってほんっっとすごい…

新衣装に関しては、阿部ちゃんの新衣装は迷彩柄の細身のパンツでお尻のあたりに金のタッセル(?)みたいなのが付いてたけど、Gravityで阿部ちゃんが結構激しく踊るから途中で取れちゃってた。あーー、阿部ちゃん感に溢れてるなぁwって思っちゃったよね。

ラストの真冬のナガレボシの選曲も良すぎて、うるっとしました。途中で降ってくる、雪を表現した白い紙吹雪を掴もうと狙いを定めて掴もうとチャレンジするのがめちゃくちゃ阿部ちゃん感でいっぱいで可愛かったなぁ…!6人がステージ上の高いセットに横並びで並んで照明で照らされて、雪の中で歌う姿がとってもキラキラしてて綺麗で…でも儚くも感じてしまって、素敵だなぁって感じました。

アンコールのらぶしちゅでは、ふっかがツリーで5人はサンタの格好で登場して、もうめっっちゃくちゃ可愛かった( ;  ; )♡最高のクリスマスプレゼントすぎる…!そして、らぶしちゅの「チカヅキタイ」の前に阿部ちゃんが下手側に向かって走り出して何かと思ったんだけど、さっくんと肩組んでお顔くっつけてめちゃくちゃ笑顔であべさくで「チカヅキタイ」でそれももうめーーっちゃ可愛かった!!しかもめざましさんで映像に残ってねぇ!宝物ですね!

アンコールのAcrobaticが終わった後には、BGMとして流れ続けてるAcrobaticに合わせてふっかが「開いて閉じて開いて閉じて〜」ってまた歌い始めて、そのまま最後にはけてく時まで「イケメン!!」って自担に叫び続けられる世界がちょーー最高でした!自担に向かってイケメンって叫べる世界に感謝…!(笑)

あと、にゃんこスターの縄跳びネタがところどころでちょくちょく登場するすのーまん単独、ほんっと平和だなぁ…自由だなぁ…。あー!SnowMan可愛いなぁ…!好き!ってなりました。MCで喋ってない人がこそっとやってたり、クリスマスメドレーの自由な振りの時にやってたりとか(笑)

夏、秋とは、すとーんずをまとめるSnowManしか見ていなかったから、メンバー全員が気を使わずに自由に喋ってる平和な感じが本っ当に見てて愛おしくて愛おしくて……。今はJr.のグループは沢山あるし、どのグループもとっても魅力的だけど、やっぱりSnowMan6人のこの空気感がすごく好き!応援し続けたい!って改めて強く感じた、初めての冬のSnowManの単独コンサートでした!!!

 

 

▲感想

ほぼTwitterで呟いたことのまとめみたいになってしまったし、まるで小学生の作分……(笑)現場数は計21回 (多分)という1年でした。地方住み大学生が無理なく楽しく入る公演数としたら妥当かなぁ。来年は就活だからこれより減っちゃうと思うけど、無事に就活して、遅くても秋くらいからは現場行きたいです。とにかくSnowManをもっと見たいから、もっと会いたいから、都内に就職出来るように頑張らねば〜~。

 

以上!2017年の現場まとめでした。

皆さん、良いお年を!

 

あっ!!!

2017年12月31日 18:00~25:00

テレビ朝日系列 超クイズサバイバー

に自担の、阿部ちゃんこと阿部亮平くんが出演します!Jr.が年越しのスペシャル番組に出るなんて凄いよねぇヽ(;▽;)ノこれまでの努力の成果!!お時間ある方はぜひご覧下さいませ!!!

 

 

誰よりも幸せになってほしいあなたへ

 

24歳のお誕生日、おめでとうございます!

阿部ちゃんの誕生日をお祝いするのは4回目になるけど、はてブでちゃんとお祝いの文章を書くのは初めてです。笑 (極度の面倒くさがり)

 

24歳の阿部ちゃんへ、23歳はどんな1年になりましたか?

 

歌舞伎期間中に世界遺産検定2級の資格を取ったことをファンに1番にブログで報告してくれて、私はめちゃくちゃ嬉しかったです。

NHKの番組にも3回目の出演を果たして、初めて出演した時は緊張しっぱなしだったのに、3回目となっては時事問題に対してしっかりとコメントも出来るようになって、自分の意見も的確に述べている姿が本当にかっこよくて、やっぱり人としても尊敬できる存在だなぁって思いました。

そして、何と言っても23歳で1番の転機となったであろう、念願のクイズ番組への出演!番組内でどんどん正解をたたき出して、大活躍する姿はとってもかっこよくてキラキラ輝いて見えました。コロッケのくだり(雑)ではお茶の間の奥様方のハートを鷲掴みしたに違いないでしょう。最強の息子枠…!(笑)

 

23歳の活躍の全てが、これまでの阿部ちゃんの努力の賜物です。大学に行くためにJr.の活動を一旦お休みすることも、院に進むことも、もしかしたら周りのJr.には、理解出来ないってかそこまでやる必要ある?って思った人も多かったかもしれないし、気象予報士の資格を取ったことも、凄いとは思うけどだから何になるんだろう…って感じた人もいたかもしれない。(勝手な憶測すみません、しかも休業期間は私まだ阿部担じゃないしヘラヘラと嵐ファンやってましたテヘペロ)

 

でも、お勉強に対してのその熱意と芯を通し続けてきた結果、今の阿部ちゃんがあるって考えたら凄くない!?えっっ、凄いよね!?だって自分の努力でお仕事掴んでるんだよ!?!ジャニーズJr.という肩書きだけでなく、上智大学の大学院生&気象予報士っていう肩書きも持ってるんだよ!?!ミラクルハイパースーパーどのJr.よりもかっこいい肩書きの自信あるよ!(笑)

 

その全部全部がSnowManのため、って言えちゃう阿部ちゃんは本っ当にSnowManのことが大好きなんだろうなぁって思うし、阿部ちゃんにとってSnowManは本っ当に大切で離れるなんて考えられない、いつも一緒にいるのが当たり前の大事な存在なんだなぁって思います。

ちょっとまとまりが無さすぎて何が言いたいか分かんなくなってきたけど、私は誰よりも阿部ちゃんには幸せになってほしいな、ってお誕生日の度にとても強く思います。努力が必ずしも報われる世界じゃないことなんてそんなの分かってるけど、阿部ちゃんの努力はどんな形であれ報われ続ける世界でありますようにって思っちゃう(笑)強欲すぎるね

 

23歳はたくさんの幸せをありがとうございました。いつもいつもステージ上ではキラキラの笑顔を見せてくれて、かっこよく輝いていている姿を見ることが出来て幸せです。楽しそうにステージに立つ姿を見られて、こっちまでつられて笑顔になっちゃう。それくらいステージ上での阿部ちゃんの表情のバリエーションってほんと凄いんだよ…!

24歳の阿部ちゃんの活躍も楽しみにしています。阿部ちゃんの活躍が私にとってなによりも嬉しいファンサです!!!いつもたくさんの幸せをくれてありがとう。

 

阿部亮平くんの私的おすすめポイント(お題箱のお返事)

 

まず、、、エピソード!?なぜ私に!?(笑)って感じなんですけども、こんな新規阿部担の端くれに質問して下さってありがとうございます、頑張りますね。。

 

具体的ではないんですけども、現場の阿部ちゃんは最っ高です。なんといっても表情の変化が素晴らしい!どのJr.よりも表情に気をつけて、お芝居をしたり歌を歌ったりダンスをしたりしていると思います(主観)

ちなみに、好きなパーツを聞かれて他メンバーが背筋、二の腕、腸腰筋、などと答える中で、阿部ちゃんの回答は「表情筋」です。理由は「顔ってやっぱり、いちばん人に元気を与えられるパーツだけど、それは表情筋あってのものだと思うから。」

はぁ…好きしかないですね。

 

あとは、やっぱり大学院生兼気象予報士ってのもポイントですよね。気象予報士に関してはメンバーにも言わずに勉強して、合格したら報告、ってかっこよすぎじゃないですか?しかも滝沢歌舞伎シンガポール公演から帰ってきてすぐくらいの日に試験って。。ツワモノすぎ…

 

(ここまで書いておいてなんですけども、長くなりそうなので箇条書きでいきます)

 

こんなに頭が良くて努力家で素敵なあべちゃんですが、面白エピ、可愛いエピ、も豊富です。

 

・熱でうなされてたときに「イタリア語で自問してロシア語で自答してた」by阿部ちゃんママ

(そして、阿部ちゃんはどっちの言葉も習ったことがない…謎)

 

・高校時代の模試で、緊張&頭を回転させすぎたせいか、何回も鼻血を出した。だからってセンター試験では「そろそろ来そうだな」って思い慌てて鼻にティッシュを詰める

 

・舞台でみんな着物みたいな衣装を着ているのに、阿部ちゃんだけ青のペイズリー柄の衣装を着用(衣装替えミス)

 

・衣装を裏表逆に着用

 

SnowManメンバー紹介ラップの阿部ちゃん担当箇所である、さっくんを紹介する歌詞をド忘れ

(*゚ヮ゚)「何だっけ!?!💦」ってめちゃくちゃ焦る

※しかも、まさかのクリエオーラス

 

・阿部ちゃん先生のコーナーでかける眼鏡を、スタッフさんが間違えて阿部ちゃんの眼鏡ではなく、その日に見学に来てあべさくの楽屋に荷物を置いていた宮田くんの私物眼鏡を持ってきてしまう。阿部ちゃんの眼鏡にはレンズが無いにも関わらず(宮田くんの眼鏡はレンズ有り)、気付かずに宮田くんの眼鏡を掛け、眼鏡を床に投げつける演出も普段通り変わらずにしてしまう阿部ちゃん。

(*゚ヮ゚)「ちょっと大きいかな…って思ったけど、これ、あれ…俺がおかしいのかなって……💦」

 

・マイクを付けずに舞台の2幕に出る(お茶屋さん役の女性ダンサーの方が、途中でお盆にマイクを乗せて持ってきて下さる)

※ちなみにその日は阿部ちゃんママ観劇

 

・滝チャンネルのJr.あるあるで、

SnowManが歩くとジャラジャラコツコツ(アクセサリー&ブーツ)鳴るからすぐ分かる※阿部くんを除く」って言われて、家の鍵を腰につけてジャラジャラした音を出そうと頑張る

 

SnowManのメンバーカラーは緑だけど、家族間でのメンバーカラーも緑

 

・100万円もらったら、株で倍にする!

 

・鍋を食べながらの座談会で、阿部ちゃんがみんなの分の鍋をずっとよそってる(ご飯よそわされる係)

 

・ふっかの誕生日だけ、自分の顔に「ふっか、おめでとう」とか化粧品でペイントした写メを送ることをずっと続けている

 

・長所は優しいところ。短所は優しすぎるところ。飲み屋のキャッチが断れません(笑)

(本人談、カレンダー付録Jr.名鑑より)

 

 

頭がよくて人間的にもアイドルとしてもめちゃくちゃ素晴らしくて尊敬できる人!っていうのは調べて頂けたらすぐに分かると思うので、マニアック(?)的なところを挙げさせてもらいました。

人に伝えるのとか大の苦手なので、これが限界です。。とにかくたくさんの魅力の詰まった素敵なアイドルなので、一緒に楽しい楽しい沼の底で阿部担ライフをエンジョイしましょう!

 

 

#思い出の現場BEST3

 

 

皆さん思い出の現場ってありますよね?(突然)

 

初めてのジャニーズのコンサートとか、自担のビジュアルがめちゃくちゃ最高だったとか…。そういう楽しかった現場に対して、ファンマナーがめちゃくちゃ悪かった…とか、行ったはいいものの自担がいなかった…とか、これだけのジャニーズのファンがいれば、現場に対しての思い入れ、思い出も、かなりの数があると思うんですよ。だからもし良かったら皆さんの現場の思い出も聞きたいなぁ…なんて思って、ちょいタグ風のよく分からない題名にしました(笑)もしよろしければ、通りすがりにこのブログに辿り着いてしまった皆さんのお話もお聞きしたいです( ˘ω˘ )♡

 

 

 

はい!ということで、私の現場BEST3、いってみましょう!まずは3位から!!

 

 

◇思い出の現場BEST3◇

 

第3位

少年たち 世界の夢 戦争を知らない子供たち

 

これは初めてSnow Manがオリジナル曲をもらえた舞台だからめちゃくちゃ思い入れありますね、個人的に。最初はすと6人だけがキャストとして発表されていて、申し込みを締め切った後に、すのーまんが追加でキャストとして発表されて、しかも申し込み期限も延長して……っていう謎の状態だったから余計に覚えてる、というよりも、謎すぎて忘れられない(笑)すとだけで埋まらなかったから、客寄せのためにすのーまんが使われたんじゃ?ファンがお金をよく落とすからすのーまんなの?とかなんとか色々言われてたけど、初めての主演舞台、初めてのオリジナル個人クリアファイル、初めてのオリジナル曲!って初めてのオンパレードで、単純にめちゃくちゃ嬉しかったです。結局、毎年恒例ですのすと括りで日生劇場で少年たちを行うようになって、今年は日生だけに留まらず、松竹、西日本ツアーと活動範囲も広がりました。そのきっかけにもなった舞台が、この年の少年たちだと思うとやっぱり忘れられないものです。

 

それと、私が初めて日生劇場に足を運んだのもこの公演。真っ白な大理石の床の上に赤い絨毯って…西洋のお城かよ(行ったことないけど)…みんなパステル花柄ふわふわスカートって…どこぞのティーパーティーだよ…みんな精一杯のお洒落をして可愛くなって自担という王子様に会いに来てるのか…って思った。スポーティーなリュックに、これまたスポーティーなスニーカーにグッズを入れる用のでかめなトートバッグっていう場違いすぎるラフな格好に全力で後悔しました…。

 

また、初めての主演舞台だからって、私自身も気合を入れて、全員分のステフォオリフォ、その他グッズ全種をまとめて購入したのですが、、、恐らく私の見た目が中学生か高校生に見えていたせいか(当時は大学1年生)周りのお母さん世代の方々や恐らく同世代であろうふわふわ量産型と呼ばれる方々に、ひそひそと何か話されていたのも今となってはいい思い出。(ちゃんと自分で稼いだお金ですよ~!親のお金じゃないですから~!)って、内心ではひそひそ話に対抗しつつ、華麗にスルー。

 

公演自体には1回しか入れなかったから、正直既に記憶は薄れてきているし、なんなら観終わった直後でさえ既に記憶無かったけど(笑)阿部ちゃんの内緒だよシーと腹チラだけは絶対に見逃さないようにしようと思って一生懸命双眼鏡を除いていたのは覚えてる。

 

6人の前に誰もいない、誰かのバックじゃない、6人が舞台の最前列に立っている、新衣装で舞台上に6人だけがいて、6人でオリジナル曲を歌うっていうことにひたすら感動した舞台です。だから、私にとって、忘れられない思い出の舞台。

 

 

 

第2位

Kis-My-Ft2 CONCERT TOUR 2016 ISCREAM

 

これは初めて自担から、確実に自分に向けてって分かるファンサを頂けたコンサートのため、第2位にランクイン(笑)あと、すのーまんが東京ドームのセンステでオリジナル曲ZIG ZAG LOVEを披露させて頂けたコンサートだから、ってのも第2位に決めた大きな理由です。

まず、ファンサについて。

私がにか担だった頃に仲が良かったにか担さんと行ったのですが(ややこしい)、もうね、席が最高だったんですよ〜~。(ここから私的、盛大な自慢の連続です。非常にうるさいです。読みたくない方が多数だと思うので、1位まで読み飛ばしてくださいませ。)

 

……では、いきます!

 

すのーまんを見るならバクステ!とTwitterで流れていましたが、なんとにか担さんが当ててくれていたのがなんと…

 

バクステ最前。

 

はっ!?最前!?えっっ、席、間違ってない!?本当に最前!?この席に私が座ってもいいの…??すの担にとって、特等席じゃん??ってとにかく慌てた。しかも謎の花道横の2人席(笑)アイスクリームのコーンの先の部分。絵心が皆無な件は気にしないで下さい。(下図参照、因みに○はメガラブの立ち位置、左から、なべ、がや、あべ)
f:id:snow_akka:20170619164513j:image

 んでもって、コンサートが始まり、ついに来ました……

 

キ・ス・ウ・マ・イ!

 

阿部ちゃんの立ち位置0ズレ!!

 

周りのファンの団扇はキスマイのみ!!!

                             Ⅱ

阿部ちゃん団扇が周りにいない!!!!

 

というファンサを頂くには絶好の環境が整っていた訳です。ここまでの好条件が揃って、阿部ちゃんの立ち位置で、阿部ちゃん団扇を持っている人が立っていたら、あの阿部ちゃんが見逃すはずがないですよね。

はい……ちゃんと、君にやってるよ!っていうのが分かるように、しっかりと何度も指差してから、めちゃくちゃ笑顔でファンサにしては結構な長時間両手を振ってくれて…もうね、可愛すぎて倒れるかと思った_(:3」 ∠)_しかも周りはキスマイ担しかいないから、本当に自分に向けてやってくれたっていうのが、自分でも周りの人から見ても明らかに分かるやつ。勘違いファンサ、おこぼれファンサじゃないやつ。やばい。どうしよう。こんなに確実に自分に向けたファンサなんてもらったことが無かったからって、もうパニック。えっっ、ファンサってこんな感じなの!?めっっちゃ見られてるじゃん!?こんなに見てくるの!?って。柄にもなくめちゃくちゃはしゃいだけど、周りの人も冷めた目で見る訳ではなく、良かったね~!って言って下さったり、通路を挟んで隣のブロックの人達にも、ファンサがすげぇ…みたいな目で見られたり、ちょっとだけ優越感に浸りました。キスウマイに続き、メガラブも立ち位置0ずれだった訳ですが、もうね、自分の近くにはキスマイ担しかいない上に、自分の目の前で阿部ちゃんはずーっと踊ってるんですよ。そんなことされたら、勘違いしちゃうよねぇ。キスウマイからメガラブまでは、自分のためだけに踊ってくれてるのかと思った(違う)。でも本当にそう思うくらいに、目の前でキラキラした笑顔でこっちを見て踊ってくれてた(気がした)から、あの瞬間は東京ドームで1番幸せな人だった自信ある。だって私のために踊ってくれてたでしょ(だから違う)。こんなに立ち位置どんぴしゃなら投げチューして団扇でも作っていけば良かった、とかコンサート終わってから思っちゃったよ(貪欲すぎ)。

 

はい、バクステ最前だったから、センステは遠かったんですね。まぁ、埋もれる埋もれる。けど、横が通路+後ろに人がいない、から申し訳なく思いながらも、若干通路にはみ出して防振準備。愛しの防振ちゃんのおかげでZIG ZAG LOVEもバッチリ見られました。あの広い東京ドームのセンステに6人のみ、白いペンライトでいっぱいになる東京ドーム、そんな中で歌って踊るSnowMan。本っ当に美しくて綺麗でした。こんな景色が見られる日が来るなんてなぁ…ってうるっときてしまった。ありがとうキスマイ(元担)。

 

 

 

 

はい、来ましたラスト!第1位!

 

 

 

 

 

 第1位

A.B.C-Z Early summer concert

 

これは…なんて言えばいいんだろう…。話すと長くなるんですけど、誰かに話したいので書きますね←

 

アリサマコンに行った当時は大学1年生。……ということで1年間は受験生だった訳ですね。受験明けの初現場がアリサマコンだったんです。で、何でそれが1位かっていうとだって、だって……

 

 

 

受験生の間は現場全部我慢してたから!!

そして、まさかの1年ぶりの現場に、すのーまんがバックで付くことになったから!

(歌舞伎、クリエは全滅したためお留守番)

 

あと、これが私にとって初めてのジャニーズのコンサートでした。初現場が舞台だったので。詳しくは過去記事参照です(笑)

 

 

とりあえず、受験の話からしたいんですけど(遡りすぎ)

 

 

大学受験の勉強ってつらすぎませんか!?!?(大声)

 

 

私が通っていた高校は、自称進学校っていうんですかね、国立推しだったんです。だから私も、(行くなら国立だな!私立なんてお金がかかりすぎて無理だし…あと、ジャニーズのためにも関東に出たい!)って思って必死で勉強してた。けど、まぁ点数が上がらない。いくら勉強しても勉強しても点数が全く上がらないっていう状況が常に続いてる感じ。つらい。

高校が違うじゃにおたの友達は専門学校に進むからって夏にはもう進路が決まってて、夏休みも現場にめちゃくちゃ行ってたんですね。羨ましすぎる……。行きたい……。って思いつつひたすら夏休みも勉強。つらい(Part2)

夏も秋も冬も私は現場に行かなかったわけですけど、冬のジャニワでお見送り制度があったっていうのを知った時も、羨ましすぎて行けない自分を呪いました。こんなに勉強してるのに全然点数上がらないし…現場も行けないし…でももうすぐセンターだし…なんなんだもう、、受験って。つらい(Part3)

その後、年が明けてだんだんと私立大の受験が始まって、私立第1志望の人は続々と進路が決まっていきます。そんな中で私は私立全落ち。つらすぎ。(Part4)

その後も死ぬほど勉強したけど、センターまでに取りたい点数が模試で1回も取れなくて。結局、本番のセンター試験でも必要な点数が取れなくて、呆気なく私の関東国立大学へ進出の夢は破れました。つらい(Part5)

その後は切り替えて、自分のセンターの点数で受けられそうな地方国立大学を探して受験。で、無事に前期で合格を頂きました。とにかく長かった。

 

 

……っていう出来事を経てからの現場ですよ!

 

 

えびさんのコンサートは元々行きたくてチケットは申し込んで、当選はしていたけども、すのーまんが付くか付かないかは微妙な感じだったんですね。でも、ふみきゅんがすのクリエ見学に訪れた時にペラってくれたおかげで、すのがアリサマコンに付くことが確定。ありがとうございまーす!(笑)歌舞伎もクリエも行けなくて、次会えるのは一体いつなんだ…って途方に暮れてた時だったから本当に嬉しかったし、めちゃくちゃ有難かったです。

 

で、コンサート当日。お席はアリーナのめちゃくちゃ前方、メンステが真ん前、センステへ続く花道のめちゃくちゃ近く。なんだこの席は…有り難すぎる…ってなった。報われたとかそういうことが言いたい訳じゃないし、そういう訳とも思ってないけど、なんかもう…席についただけでも嬉しかったです…うぉぉぉ!!って感じ(伝わらない)。

で、Vanillaが流れてコンサートが始まるでしょ。私Vanilla大好きなんですよ!だから、セトリ最高かよ!ってめちゃくちゃテンション上がってました。

で、その後がメクルメク。すのーまんがバックに登場。

 

 

もうね、すのーまんが出てきた瞬間泣くかと思った。というより泣いた。めちゃくちゃ目に涙溜まってた。あっっ、すのーまん生きてる…阿部ちゃん生きてる…めちゃくちゃ元気に踊ってる‪。゚(゚´ω`゚)゚。‬って。

 

 

存在に感謝ってこういうことなんだな…ってものすごく実感した瞬間です。しかも、なかなかの近さだったしね。阿部ちゃんが有難いことにほぼ目の前で。元気ににこにこ踊っている姿を見ているだけでめちゃくちゃ幸せでした。

現場は自分の意思で行かないと決めた訳だけども、やっぱりつらくて。結局、第1志望の大学にも関東にも行けなくて…つらくて。

そんな時期を経てのコンサート。目の前で元気に笑顔で踊る自担。大袈裟だって思う方もいるかもしれないけど、ジャニーズって素晴らしいな…阿部ちゃんの担当で良かったな…生きててくれてありがとう。生まれてきてくれてありがとうって。って瞬間的に心の底から本気で思いました。

 

 

 

これが私の思い出の現場BEST3です。何が言いたかったのかは分からないけど、

 

阿部ちゃんありがとう。

 

っていうのは書いていて、ものすごく感じました。大学に通って(しかも上智)、気象予報士の資格も取って、成績優秀者にも表彰されて、大学院にも行って、世界遺産検定2級も合格して…もう、阿部ちゃんのことはジャニーズだから、アイドルだからとかではなく、人として尊敬しています。だって、私たち一般人が普通に生活してても難しいようなことを、阿部ちゃんはすのーまんとしての活動も行いながらこなしちゃうんですよ。あんなに忙しいのに。えっっ、冷静に考えて凄すぎますよね??尊敬できる自担って素敵。

 

 

そしてそして話は180度変わって……私は月日を経て、再び受験生となりました。今度は目指せ、都会の公務員!またまた死にそうになりながら絶賛、勉強の日々です。でも、阿部ちゃんが頑張ってると、私も頑張ろうって思える。ファンがこんなグダグダとだらけてるくずみたいな人間じゃダメだ…!しっかりとした大人にならなければ…!って、阿部ちゃんが頑張れば頑張るほど、自分のダメさを、痛いほど思い知らされるから。私自身、阿部ちゃん担当と名乗るからには絶対に、努力を辞めない、全力で取り組む、上に上に向かって行くって決めているんです。はい、重いですね。勝手ですね。めんどくさいやつですね。でも、それが出来ないなら、阿部担失格、って自分に言い聞かせて、阿部担をやっています(激重)。だって、人生中途半端に生きてるようなやつ(私)がファンなんかやってたら頑張っている阿部ちゃんに失礼だから。今年は大学のチアダンスの全国大会に出場してきたんです。めちゃくちゃ練習して、同時に勉強、レポートもして。……頑張ったって言える。ただの自己満足かもしれないけどね。だから、今年も阿部担です。

阿部ちゃんを、ファンとして一生応援し続けたいから頑張ります(重い)。だって、こんなに素敵なジャニーズ、私にとっては他にいないから。自担が頑張ってるから私も頑張る、って思えるのはすごい事ですよね。阿部ちゃんって本当に素敵なアイドルなんです。誰が何と言おうと、みんなを笑顔にする、幸せにする、立派なアイドルなんです。